BIMナビ

  1. HOME
  2. 5分でわかる FlowDesigner解析事例 4:データセンター温度分布解析

5分でわかる FlowDesigner解析事例4:データセンター温度分布解析

2013.09.26 無料ダウンロード

データセンターのコールドアイル部の温度を24℃にすることを逆解析で求めよう

FlowDesignerは建設業のさまざまな分野の解析に力を発揮するツールです。実際にどのような目的でモデルは作成されているか、また結果がどうなったのかなど解析事例をご紹介します。問題提起は本ページにて解析結果は無料ダウンロードでお気軽に資料請求ください。今回はFlowDesignerのEnterprise版を用いて、データセンターのコールドアイルの温度を24℃にするための対策を逆解析を用いて考えてみます。

4:データセンター温度分布解析

前提条件

解析モデル

解析の対象のデータセンターは、サーバ冷却のために床下から冷たい空気を吹き出し(コールドアイル)、サーバにより熱せられた空気を天井の吸込口から排出 する(ホットアイル)設計になっています。現状、床から吹き出す冷たい空気の風量が不足しているために、ホットアイルの空気がコールドアイルに漏れて、 コールドアイルの温度が高くなっている部分があります(30℃〜33℃)。

データセンター 解析モデル
データセンター 解析モデル

目的・変更条件

データセンターのコールドアイル部の温度を24℃にすることを設計目標とします。現状の床吹き出しの温度は一定のまま、風量を何%増量させれば、設計目標に近づくかを逆解析で求めます(ただし、各床吹き出しの風量分配は一定とする)。

果たして結果は?

日射温度環境解析の解析結果は下記より無料ダウンロードしご確認ください。

FlowDesigner解析事例4:データセンター温度分布解析 資料ダウンロード

資料サンプル
資料サンプル

ページトップに戻る