BIMナビ

  1. HOME
  2. 5分でわかる FlowDesigner解析事例 9:工場温度環境最適化

5分でわかる FlowDesigner解析事例9:工場温度環境最適化

2013.12.5 無料ダウンロード

工場内は暑い!ファンを設置したいがどこに取り付けるのがベストか?

FlowDesignerは建設業のさまざまな分野の解析に力を発揮するツールです。実際にどのような目的でモデルは作成されているか、また結果がどうなったのかなど解析事例をご紹介します。問題提起は本ページにて解析結果は無料ダウンロードでお気軽に資料請求ください。今回は逆解析を用いた工場内の温度環境の最適化をご紹介します。

9:工場温度環境最適化

前提条件

目的

夏場の工場では外気温に加え、機械発熱などにより熱がこもりやすい。現状、作業領域は40℃を超えている。工場壁面にファンを設置して換気量を増やし状況改善を図りたいが、どこにファンを設置すれば効率がよいか逆解析を用いて検討をする。

解析モデル

夏場の工場を想定して外気温度は33℃とする。工場の側壁面には窓、天井に換気口が設置されている。また工場内部に機械発熱として300kWを与える。

工場 解析モデル
工場 解析モデル

現状の解析結果

機械の周辺の温度は50〜60℃に達するため、機械オペレータの作業領域は40℃以上と非常に暑い!

解析結果
解析結果

目的・変更条件

オペレータの作業領域の温度を35℃にすることを設計目標とする。冷房は使用せずに、吸気ファンもしくは排気ファンの設置のみで状況改善を目指し省エネを図る。工場壁面のどの位置にファンを設置すれば効率よく換気できるか、逆解析を用いて検証する。

果たして結果は?

工場温度環境最適化の解析結果は下記より無料ダウンロードしご確認ください。

FlowDesigner逆解析事例9:工場温度環境最適化 資料ダウンロード

資料サンプル
資料サンプル

ページトップに戻る