BIMナビ

  1. HOME
  2. 5分でわかる FlowDesigner解析事例 16:空間温度の均一化

5分でわかる FlowDesigner解析事例16:空間温度の均一化

2014.7.10 無料ダウンロード

温度のムラがない快適な空間をつくる秘訣、ここにあり!

空気は暖かいと上昇し、冷たいと下降します。そのため、温度のムラがない快適な空間を設計することは気流・熱の流れについて熟知していても至難の業です。FlowDesignerの逆解析機能を使用すれば、効率的に解消できます。今回の対象領域は少し小さいですが、ぜひご覧ください。

16:空間温度の均一化

前提条件

目的

ある実験空間の中に九つの温風の流入口を設け、空間内部を温めたい。現状だと空間の中央部分(設計領域)に温度ムラができてしまう。「流入流量の調節」により、できるだけ温度の均一化を図りたい。

解析モデル
解析モデル

温度分布(現状)

吹出口に近い部分(領域上部)で温度が高い部分があり、温度ムラができている。

領域上部は温度が高く、ムラができている
領域上部は温度が高く、ムラができている

設計目標の設定

現状の解析結果をもとに感度解析を行う。設計領域内にターゲットオブジェクト8個を配置し、設計目標「温度の均一化」を設定して感度解析(逆解析)を実行する。

現在、8個のターゲットオブジェクトに温度にばらつきがあるため、均一化したい
現在、8個のターゲットオブジェクトに温度にばらつきがあるため、均一化したい 拡大画像(JPG)[126KB]

果たして結果は?

空間温度の均一化の解析結果は下記より無料ダウンロードしご確認ください。

FlowDesigner解析事例16:空間温度の均一化 資料ダウンロード

資料サンプル
資料サンプル

ページトップに戻る