BIMナビ

  1. HOME
  2. 5分でわかる FlowDesigner解析事例20:体育館温熱環境解析

5分でわかる FlowDesigner解析事例20:体育館温熱環境解析

2014.11.7 無料ダウンロード

今回は体育館内部の空調にスポットを当てます。空調の吹出方向の変化で体育館内部の流れはどのように変化するのか、FlowDesignerで解析してみました。

前提条件

目的

体育館内の温熱環境を検討する。夏の冷房能力が人・機械などの発熱に対して十分であるか、フロアおよび観客席の温度分布に注目する。

ケーススタディ

空調の吹出流量と温度は一定として、吹出方向を変更したときに効果があるかを検証する。なお、吹出方向は次の2パターンで検証する。

パターンA:中央に向かって吹き出す
パターンA:中央に向かって吹き出す

パターンB:斜め45度に向かって吹き出す
パターンB:斜め45度に向かって吹き出す

パターンA吹出口ズーム:中央に向かって吹き出す
パターンA吹出口ズーム:中央に向かって吹き出す

パターンB吹出口ズーム:斜め45度に向かって吹き出す
パターンB吹出口ズーム:斜め45度に向かって吹き出す

解析モデル

体育館の大きさを106×96×30立方メートルに設定する。その他に空調や開口部(出入口)、ファンなどを次の位置に配置する。

体育館の大きさは106×96×30立方メートルとする
体育館の大きさは106×96×30立方メートルとする

空調は78カ所に設置
空調は78カ所に設置

観客席とフロアに開口部(出入口)を配置
観客席とフロアに開口部(出入口)を配置

天井排気ファン・開口位置(赤線実線:天井排気ファン。赤線点線:天井開口)
天井排気ファン・開口位置
(赤線実線:天井排気ファン。赤線点線:天井開口)

解析モデル(発熱条件)

発熱の要因として次の三点を考慮する。

  • 人体
  • 機械
  • 照明

人体発熱

エリア 一人当たりの発熱量 人数
観客席部分 65ワット 8300人分を面積配分
フィールド 120ワット 25人を想定

機械発熱(天井付モニターの水色部分):表面温度60度を設定
機械発熱(天井付モニターの水色部分):表面温度60度を設定

照明発熱(オレンジ色):表面温度60度を設定
照明発熱(オレンジ色):表面温度60度を設定

果たして結果は?

体育館温熱環境解析の結果を無料でご用意しています。ご希望されるお客様はお気軽にお申し込みください。

FlowDesigner解析事例20:体育館温熱環境解析 資料ダウンロード(無料)

資料サンプル
資料サンプル

ページトップに戻る