BIMナビ

  1. HOME
  2. MY BEST BIM
  3. 建築設計事務所に聞く!MY BEST BIMで複数の設計アイディアを検討できるように

建築設計事務所に聞く!MY BEST BIMで複数の設計アイディアを検討できるように

  • 意匠系
  • 設備系
  • 外皮検討

建築設計事務所 阿部さん(仮名)

このBIMの取り組みやすさ

★★★★☆

このBIMの効果

設備担当者が行っていたPAL計算業務を意匠担当者が実施。BIMを通じたフロントローディングに成功。

※ こちらは当社お客様の活用手法をもとに作成しています。お客様情報などの掲載は仮名としておりますのでご了承ください。

「設計初期での環境解析がその後の設計工程の手戻りを大幅に減らすことができる」と考えていたところ、私のBEST BIMに出会えました。

当社では、従来まで設備担当が行っていたPAL計算業務を意匠担当が行うことにしました。SAVE-建築はIFCファイルのインポートが可能なため、建物の形状や外壁の名前や建物用途を連携でき、設計の初期段階においても設計の意図を伝えることができます。

当社はArchiCADを使っています。SAVE-建築はArchiCADをはじめ、Revit ArchitectureやGLOOBE、Vectorworks Architectなど、BIMソフトごとにモデリングのガイドラインが公開されているので、スムースな連携ができました。PAL値を即座にチェックすることが可能になり、今では複数の設計アイディアを検討しています。意匠、設備両者の負担を減らし設計コストと環境性能を両立できました。

このMY BEST BIMに関するお問い合わせ

特集ホワイトペーパー請求

導入検討するための参考資料として、上記MY BEST BIMに関連する資料を用意しています。詳細は以下の資料請求よりお問い合わせください。

  • ユーザーレポート:株式会社日本設計様
  • PAL計算に連携するためのBIMモデリングガイド(ArchiCAD編、GLOOBE2012編、TP-PLANNER編、RevitArchitecture2013編、Vectorworks Architect編)

価格・お見積もりに関するお問い合わせ

お客様のご要望にそった内容でお見積りさせていただきます。詳細は以下の価格・見積もりよりお問い合わせください。

活用手法に関するお問い合わせ

導入済みBIMツールの活用手法に関するお悩み・ご相談がございましたら、こちらからお問い合わせください。

関連リンク

節電対策について、シミュレーションソフトで解決しませんか?

SAVE-建築/SAVE-PAL 製品情報

ページトップに戻る