BIMナビ

  1. HOME
  2. BIM無料資料ダウンロード
  3. Revit Live向けモデルの準備と書き出し手順 Autodesk Revit Live

お問い合わせ

BIMに関する技術的な質問から、BIM関連製品の価格・資料請求までお気軽にお問い合わせ下さい。

BIM導入のハードルを大きく下げる方法があります! BIM on VDI

Revit Live向けモデルの準備と書き出し手順Autodesk Revit Live

RevitのBIMモデルをワンクリックでVRデータに変換
ガイドブックを無料ダウンロード開始!

Revit Liveは、BIMソフトとして人気の高いオートデスク社のRevitおよびRevit LTのBIMデータをVR体験するクラウドサービスです。RevitおよびRevit LTのBIMモデルをワンクリックでVRコンテンツに変換できるので、VRゴーグルのようなVR機器を利用して、設計した結果を関係者間で把握、検討、共有しやすくなります。

このガイドでは、RevitのBIMモデルのマテリアルおよび照明効果を最大限利用する方法を通して、Revit Liveでの体験を正しく有効活用するための方法および手順をご紹介します。

資料請求(無料)

※ Revit Liveの利用に際しては、高性能なグラフィック環境が必要となりますので、動作環境および体験版での動作確認をお勧めします。


資料サンプル

テキスト教材・連携ガイド


Revit Liveを正しく有効活用するための手順
Revit Live向けモデルの準備と書き出し手順


Jw_cadサンプルデータを利用したRevitの操作体験テキスト教材
2次元ユーザーのためのRevit入門テキスト教材


RevitとAutoCADの連携で2次元図面まで仕上げるガイドブック
RevitとAutoCADの連携手法が分かるガイドブック

ページトップに戻る