BIMナビ

  1. HOME
  2. BIM無料資料ダウンロード
  3. 「いずれ自分が暮らす家」をバーチャルリアリティで体感

お問い合わせ

BIMに関する技術的な質問から、BIM関連製品の価格・資料請求までお気軽にお問い合わせ下さい。

BIM導入のハードルを大きく下げる方法があります! BIM on VDI

「いずれ自分が暮らす家」をバーチャルリアリティで体感

VRでいざ、未来の住まいの中へ

バーチャルリアリティ元年。
そんなコピーがメディアをにぎわせた2016年末。フリーダムアーキテクツデザイン株式会社(以下、フリーダムアーキテクツデザイン)から、またしても先進的な取り組みの噂が流れてきました。

同社ではかねてより、株式会社大塚商会の協力を得て、BIMを取り扱える3次元CADソフト「Revit」の運用を推進している。その3Dデータを利用して、VRで設計段階の家の中を歩き回り、スケール感・空気感を体験できる「VRアーキテクツシステム」を構築し、2017年2月からの提供を目指すという。テーマがVRだけに、まさに「百聞は一見にしかず」となる、今回の取り組み。設備が整った同社日本橋スタジオから、体験レポートをお届けします。

資料請求(無料)


資料サンプル

設計中の実邸をVR体験

「VRアーキテクツシステム」は、どこよりも早くお客様にVR提案をしたく開発したシステムですから、話題になるのはありがたいことです。とはいえ、さほど手間や予算をかけて開発したというわけではありません。元々当社が推進している、オートデスク社の「Revit」を活用した、BIMによる実設計プロジェクトの流れから生まれたサービスですから(フリーダムアーキテクツデザイン・長澤信事業開発部長)。


「設計中の実邸をVR体験」というのはおそらく国内では初の取り組み。業界内外で大きな注目を集めている

VRアーキテクツシステムとは

VRアーキテクツシステムとは、「建築家との家づくりをVRで共有する、フリーダムでしかできない体験価値」を指します。

  1. 建築家からの設計提案。図面ではなくVRを使った分かりやすい説明。
  2. 他社のVRと何が違うのか? 完成品だけを見せるのではなく、設計途中にVRを使って一緒に作っていく。
  3. 設計事務所が使うVRは何がすごい? VRで見たものは全て図面と連携している。


VRアーキテクツシステム

導入事例・レポート


説得力を飛躍的に高める没入型プレゼンテーション(VR)を利用したBIM活用レポート
BIMデータ×VRを活用したプレゼンが生む、さらなる説得力

NEW


より設計士が使い勝手の良いファミリの拡充へ向けたBIM活用レポート
LIXIL全面協力により「サーモスL」のファミリ提供開始


建築家との家づくりをVRで共有するBIM活用レポート
「いずれ自分が暮らす家」をバーチャルリアリティで体感


BIMによる建築確認申請プロジェクトがいかに進めらたかを綴ったBIM活用レポート
日本初のBIMによる建築確認申請からの確認済証交付が実現!


Revitで作成した図面データで建築確認申請を目指したBIM活用レポート
近い将来、必ず訪れる建築確認申請図面も「Revit」で、の時代


構造フレームの整合性確認が容易になるBIM活用レポート
BIMにより事前に問題を解決する、フロントローディング


パノラマレンダリングを活用した施主との合意形成におけるBIM活用レポート
最初に「3D」を見せることで、お客様とのプラン合意がスムーズに


住宅設計事務所が導入した木造住宅でのBIM活用レポート
BIMの可能性は、木造住宅でさらに花開く


BIM活用ユーザーの生の声が聞ける導入事例集
BIM&CIM 建設ソリューション事例 2015


世界のBIM市場を知るためのマーケットレポート
SmartMarketReport 世界の主要市場における建設・施工向けBIMのビジネスバリュー

 

 

ページトップに戻る