• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

最新Product Design Suite Standard 2013にInventorが仲間入り

新SuiteでInventorを使った3次元設計をスタートしてみませんか?

Autodesk Product Design SuiteすべてにAutodesk Inventorが入り、設計ワークフロー中で3次元設計からデータ活用までをさらに加速させる構成に変わりました。

Inventorを使った3次元設計 イメージ

Inventor同梱により3次元設計がより身近なものに

今回リリースされましたSuite製品群の中で、特に大きく変わったのは「Product Design Suite Standrad」です。
従来Standardは2次元設計主体のパッケージ構成でしたが、Product Design Suiteは2013よりInventorが同梱されました。これにより3次元設計がより身近になりました。既に多くの企業では3DCADを導入し設計工数の削減、材料コストを抑えた品質向上、3Dデータを利用した同業他社との差別化を進めています。

SuiteではCADだけでなくビジュアルツール「Autodesk Showcase」も同梱されており、設計途中早い段階でも顧客へ製品イメージを提供できます。

設計からビジュアライゼーションまでのイメージ

3つのエディション

Standardエディション
プロダクトデザインのための基本的なコンセプトデザインツールと図面作成ツール
Premiumエディション
最大限のパフォーマンスを発揮できるように最適化されたデジタルプロトタイプツールとビジュアライゼーションツール
Ultimateエディション
圧倒的な高品質の設計を可能にする高度なサーフェス作成、解析、金型設計機能

Standardエディション、Premiumエディション、Ultimateエディション

各エディション同梱内容

単体購入よりお得

導入コストに関してもAutoCAD MechanicalとInventor単体を各1本購入した金額と比べ約40%抑えた価格で購入できます。さらに同梱されるビジュアライズツール「Autodesk Showcase」まで考えると約45%抑えた価格となります。3次元設計から3Dデータ活用まで行える「Product Design Suite」を使ってあなたも3次元設計をスタートさせましょう。

Suiteパッケージと単独購入とのコスト比較 グラフ

Suiteパッケージと単独購入とのコスト比較

AutoCAD Mechanical 製品情報

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7819

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部特定CADソフトプロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP