• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

ついにリリース!Autodesk Inventor 2016版SPI-3Dシートメタル

30年以上にわたり、全世界のAutodeskユーザーに独自のシートメタル設計のツールを提供してきたSPI社(ドイツ)がAutodesk Inventor 2016版SPI-3Dシートメタルをリリースしました。加工に必要な情報を属性として与えられる、コーナーの分割/継ぎ目、逃げ形状、曲げ半径、その他の詳細部の設計が属性で指定できる点を特長としています。

コーナーブレンド機能

コーナーが3面フィレットになっている枡形状の場合、Autodesk Inventor標準機能では展開できませんが、SPIでは簡単に展開できます。展開するには、コーナーの継ぎ目を属性で指定、あるいは実際にカットする方法があり、SPIはいずれも展開できます。

枡形状

コーナーをカット

コーナーにカット属性

展開結果とコーナーの形状

スケッチ属性機能

スケッチした形状や文字がそのまま展開図に反映されます。スケッチ形状をエンボスや押し出しでカットする必要はありません。

形状面にスケッチ

スケッチを展開図に反映

曲げRの有無に関らず展開可能

実際の曲げには必ず内Rと外Rが付きますが、R(半径)属性を与えることにより、図のような形状でも展開できます。

曲げRが混在する形状

展開も可能

ダクト形状が標準で使用可能

各種ダクト形状を標準でご使用になれます。該当する寸法を入力するだけで、簡単に製品形状と展開図が得られます。標準以外の形状も登録できるため、ユーザー独自のダクトのデータベースを構築できます。

寸法の入力画面

展開結果

ダクト形状の一部

 

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7819

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部特定CADソフトプロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP