• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

無償3D CAD「123Dシリーズ」がサービス終了へ、「Tinkercad」などに機能統合

Autodesk(オートデスク)は、無償3D CADツール「123Dシリーズ」の新規サービス提供を2017年3月31日で終了する。2016年12月末には、123Dシリーズの登録ユーザーに向けてサービス終了についての英文メールが送信されている。

「123Dシリーズ」のWebサイト。2017年3月31日に閉鎖される

※ 本記事は、製造業技術者向けポータルサイト「MONOist」から転載しています。

2017年3月31日以降アプリは使用できるが、Webサイトは閉鎖へ

3Dモデリングツールの「123D Design」を含むアプリの新規提供は2017年3月31日で終了するものの、その後もしばらくアプリは利用できる。同日に123DシリーズのWebサイトは閉鎖されるので、登録ユーザーはクラウドに保存しているデータはダウンロードしておく必要がある。なお、同日以降に123DシリーズのWebサイトにアクセスすると、オートデスクのWebブラウザベースの無償3D CADツール「Tinkercad」のWebサイトにリダイレクトされる予定だ。

Tinkercad

123Dシリーズのサービス終了は、Tinkercadや「Fusion 360」、「ReMake」といったオートデスクのコンシューマー向け3D CADツールのラインアップを整理することが目的。123Dシリーズの機能は、Tinkercad、Fusion 360、ReMakeに移植、統合される。オートデスクによれば「機能や役割が重複するアプリ/ソフト群を解消し、利用していただく方々の『種類がいろいろあって何を使えばいいか分からない』という迷いを解消できると考えている。当社の開発効率も向上できる」としている。

123Dシリーズは、2011年にデスクトップ版アプリを発表して以降、Webブラウザ版、モバイル版などに広がってきた。123Dシリーズのアプリやコミュニティーの利用者は数百万人に上るという。

なお、電気CADの「123D Circuit」など、統合の方針が決まっていないものについては、今後毎月1回配信されるサービス終了のメールで追記していく方針だ。

※ 本記事は、製造業技術者向けポータルサイト「MONOist」から転載しています。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7819

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部特定CADソフトプロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP