• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

設計から製造をテーマに進化したSOLIDWORSK 2018

「設計から製造」をテーマに進化したSOLIDWORKS 2018

SOLIDWORKS 2018は、お客様の要求に応えて開発された機能強化・改善項目があります。使いやすさを求めた既存機能の改善はもちろん、CADの新しい利用方法や3次元データの活用を推し進める機能が強化されています。

この記事を詳しく解説した資料(無料)があります

1分で分かる SOLIDWORKS 2018

動画 概要

動画再生

1分で分かる 「SOLIDWORKS 2018新機能」
「卓越したものづくりでは終わらない」、「設計から製造」をテーマに誕生したSOLIDWORKS 2018の新機能を1分の動画にまとめてご紹介します。(1分33秒)

3次元資産を活用し、製造プロセスまでを効率化する新しいフロー

SOLIDWORKS 2018は「製造情報(PMI)」をキーワードに、3次元資産の活用を推し進め、製造プロセスまで業務の効率化する製品が追加されました。

SOLIDWORKS MBD NX、Creo、STEP AP242の外部ファイルから製造情報・PMIを取り込めるようになった
SOLIDWORKS CAM SOLIDWORKSと完全統合された、2軸加工をメインとしたNCデータ作成の自動化を促進するナレッジベースCAM。DimXpertの製造情報を使って、公差スキーマをベースにした機械加工の設定をワンクリックで自動適用
SOLIDWORKS Inspection PMIを含む部品・アセンブリから検査プロジェクトを作成

既存機能の改善点

ユーザーエクスペリエンス

インターフェイスや作業効率に関するユーザーエクスペリエンスでは、ソフト起動時に「ようこそ」ダイアログボックスが表示され、新規作成や最近使ったドキュメント等へ簡単にアクセスできるようになりました。

マウスジェスチャーでは、設定時にアイコンの配置を示す専用ダイアログが表示され、コマンドアイコンをドラッグ&ドロップすることでカスタマイズできるように改善されました。ジェスチャー数も最大12まで指定できるようになり、カスタマイズ方法や使いやすさが向上しています。

図面

図面では、SOLIDWORKS MBDで作成した3Dビューを図面ビューとして配置して図面を作成できるようになりました。部分断面図機能では、詳細図、断面図、代替位置ビューに対しても作成できるようになりました。

MBDの3Dビューを図面ビューとして配置

拡張機能

直感的にスケッチできる最新デバイスや外出先・オフィスの両方でCADを利用する、新しい働き方に対応した使い方ができるよう改善されています。

タッチモード:タッチデバイスによる操作の強化

タッチスケッチ:フリーハンドでのスケッチ作成

さらに詳しく知りたい方へ - 無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

SOLIDWORKS 2018 新機能(全24ページ)

主な内容
  • 既存機能の改善点
  • 新しいテクノロジーへの対応
  • さらなる3Dデータの活用

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP