• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

SOLIDWORKS WORLD 2018レポート -五つの新製品を発表-

SOLIDWORKS WORLD 2018開催レポートをいち早くお届け!

SOLIDWORKSの年次ユーザーイベント「SOLIDWORKS WORLD 2018(2018年2月5~7日)」が米国ロサンゼルスコンベンションセンターで開催されました。基調講演では、デスクトップとクラウドの二つの製品戦略をサポートする五つの新製品およびサービスの発表が行われました。

  1. 3DEXPERIENCE Social Collaboration Services
  2. SOLIDWORKS 3DEXPERIENCE PLM Services
  3. SOLIDWORKS Product Designer
  4. SOLIDWORKS xDesign
  5. 3DEXPERIENCE Marketplace Make

3DEXPERIENCE Social Collaboration Services

3DEXPERIENCEプラットフォームのセキュアなクラウド環境は、初期のコミュニケーションに適したソーシャルメディアスタイルのものづくりを支援するサービスをご提供します。関係者に全ての設計情報を共有し、コミュニケーションすることでコラボレーション設計を実現できます。3DEXPERIENCE Social Collaboration Servicesのクラウドストレージを用いたデータ共有が可能になり、部門間やパートナー、サプライヤーなどと3Dデータの内容を確認し、コミュニケーション可能となります。

SOLIDWORKS 3DEXPERIENCE PLM Services

迅速な製品開発サイクルを必要とするユーザーに対して、設計、エンジニアリング、およびビジネスプロセスサービスをクラウドベースのソリューションとして提供し、変更管理からプロジェクト計画までの全てを最も完全かつスケーラブルな方法でサポートします。ソフトウェアのインストールやサーバー構築をせずに、Webブラウザーからすぐにご利用いただけるPLMサービスです。SOLIDWORKS向けのアドインも用意されているため、最低限の労力で開始できます。

製品の複雑さや企業、チームの規模に関係なく、データとライフサイクルの管理システムを提供し、ハードウェアインフラへの投資も必要ありません。2018年後半から評価プログラムを開始する予定であるとしています。

SOLIDWORKS 3DEXPERIENCE PLM Services画面1

SOLIDWORKS 3DEXPERIENCE PLM Services画面2

SOLIDWORKS Product Designer

SOLIDWORKS Product Designerは、3DEXPERIENCEプラットフォームで開発され、部品、アセンブリ、板金、モーションシミュレーション、および図面を含む完全な設計機能を提供するクラウド3D CADです。
3D設計、製品データおよびプロジェクトの管理、ソーシャルコラボレーションのツールを使用して、製品を作成し、コミュニケーションできます。

SOLIDWORKS Product Designerを使用することで、設計ツールでのSOLIDWORKSの使いやすさと、ファイルアクセス制御、共有、軽量なビジュアリゼーション、製品レビューを通じて、クラウドの利点であるデータ管理とチームコラボレーションをどこからでもいつでもアクセスし、実現できます。

  • 単一モデリング環境。
  • モーションとキネマティクスを用いた機構設計。
  • 板金設計:曲げた状態や展開した状態で設計することで板金部品の設計を加速。ベンド補正を使用して製造用のフラットパターンを自動的に作成。
  • スマートアセンブリ:アセンブリに構成部品がどのように配置、参照されるかを「学習」する新しい革新的なアセンブリ方法。
  • 製造ドキュメント:2D図面をすばやく作成でき、3Dモデルで変更が発生するたびに、全ての図面ビューは自動的に更新。
  • データ管理
  • BOM管理:製品に対する正確で包括的な部品表(BOM)を簡単に作成でき、製品寿命を通して製品の変更を反映して容易に管理および維持。
  • プロジェクト管理:コラボレーションタスクを作成し、構成部品に割り当てリンクすることによって、製品開発プロセスを制御することでタスクを管理し、プロジェクト管理ダッシュボードを通して実行の進捗を監視。
  • ソーシャルコラボレーション。

SOLIDWORKS xDesign

Webブラウザーを使用して、あらゆるデバイス上で動作する、使いやすさと革新的な設計でクラウドによるコラボレーションが可能なモデリングアプリケーションです。デザインガイダンス機能によって、最適な設計をご提供します。

  • 単一モデリング環境
  • インストール不要:webGL(Webブラウザーで3次元コンピューターグラフィックスを表示させるための標準仕様)をサポートするあらゆるブラウザーに3D CADを提供。クラウドベースのため、Webブラウザーでログインすることにより、インストールせずに常に最新バージョンを使用可能。
  • 任意のデバイスで利用可能:強力なワークステーションを必要とせずに、3D CADモデルを作成、編集、および共同作業を行える。いつでもどこでも、モバイルデバイスやWindows以外のデバイスを含む、あらゆるデバイスで設計可能。
  • 使いやすい:エンドユーザーの使いやすさを念頭において作成されているため、特別なトレーニングをせずに多くの人が使用開始できる。
  • 組み込みデータ管理:全てのモデルがクラウドに格納され、従来のPDMシステムの導入や設定なしで組み込まれたデータ管理機能をすぐに利用。
  • 拡張性:3DEXPERIENCEプラットフォーム上のほかのアプリ(SOLIDWORKS Industrial Designer、Product Designerなど)とデータモデルを共有しているため、設計製造プロセスをシームレスに拡張。
  • デザインガイダンス:構造設計の問題があった場合、拘束条件や荷重条件を指定するだけで、形状を自動で生成。最適な形状をご提案。
  • データ管理
  • プロジェクト管理:コラボレーションタスクを作成し、作業中の部品に割り当てることでワークフローの進行状況を監視。
  • ソーシャルコラボレーション

現在はベータテスト段階であり、今後テストユーザーを2018年末までに約7,000人まで増やす予定であるとしています。

3DEXPERIENCE Marketplace Make

3DEXPERIENCE Marketplaceは、世界中の企業にオンデマンド製造とインテリジェントな部品調達機能を提供するオンライン電子商取引プラットフォームです。設計者とエンジニア(買い手)を世界中の認定された製造サービスプロバイダー(売り手)と結びつけて、相互作用とコラボレーションを効率化し、生産性を向上させ、設計を製造された製品に変えられます。

3DEXPERIENCE Marketplaceでは、MakeとPartSupplyという二つのサービスが提供されており、SOLIDWORKSから直接アクセスできます。

Marketplace Makeは、3Dプリント、CNC加工、射出成形、板金など、全ての製造プロセスにわたって、500台以上の製造装置を有する50社の世界各国の大手デジタルメーカーとオンラインで依頼から製造、納品までのプロセスを共同作業できます。

Marketplace PartSupplyは、インテリジェントなオンライン3Dコンポーネントカタログで、認定された600社以上のサプライヤーの3,000万点以上の部品から、適切な部品を購入してSOLIDWORKSにドラッグアンドドロップするだけでご利用いただけます。支払いや為替、請求といった買い手と売り手の間の取引のあらゆる側面を管理し、完全なトレーサビリティを提供しながら、部品や製品を製造できるようにし、リスクとエラーを低減します。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP