• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

3DXpert for SOLIDWORKSがサブスクリプション特典で利用できるように

3Dプリントの準備から造形までを完結する3DXpert for SOLIDWORKS

2018年2月に行われたSOLIDWORKS World 2018にて、サブスクリプション契約の新たな特典として、3D SYSTEMS社の3Dプリント用ソフトウェア「3DXpert for SOLIDWORKS(スタンダードエディション)」が利用可能になると発表されました。

有償版 3DXpertは金属材料を対象とした3Dプリンター向けソフトですが、3DXpert for SOLIDWORKSは樹脂材料にも対応。さらに、全メーカーの3Dプリンターに対応しています。3次元CADとの親和性の高い3Dプリンターを利用するユーザー様にとって有益な特典になっています。

3Dプリントの準備から造形まで3DXpert for SOLIDWORKSで設定

3DXpert for SOLIDWORKSはプリント出力の準備作業に求められる機能を備えた単一総合ソリューションです。SOLIDWORKSのアドイン機能ですので、SOLIDWORKSの画面上から3次元モデルを3DXpert for SOLIDWORKSへ直接出力できます。

3Dプリンター出力のための準備作業全てを3DXpert for SOLIDWORKS上で実施

出力後は、使用する3Dプリンターの設定やモデルの配置、形状修正、構造の最適化、サポート作成、スライス化、ビルドプラットフォームへの配置、プリンター出力など、データの準備から造形までに必要な各種工程全てを3DXpert for SOLIDWORKSで行えます。

モデルの配置

形状修正

サポート作成

構造の最適化

ビルドプラットフォームへの配置

スライス化

ファイルの制限を受けないからシームレスに処理

3DXpert for SOLIDWORKSは主要3次元CADのネイティブデータをはじめ、各種中間形式のデータ、実質的に全てのメッシュ形式を読み込めます。B-rep形式(ソリッド・サーフェス)、ポリゴンメッシュ形式のどちらでもシームレスに処理できるため、事前にSTLに変換せずに作業を進められます。

  パーツ アセンブリ
  インポート エクスポート インポート エクスポート
3DXML
3MF
ACIS
AMF
CATIA V4
CATIA V5
Creo/ProE
DWF
DWG
DXF
Fikus App
IGES
Inventor
JT
KeyShot
NX/UG
OBJ
Parasolid
Point Cloud
PLY
Solid Edge
SolidWorks
STEP
STL
VDA
VRML

履歴ベースでモデルを変更可能

取り込んだモデルに対して、パラメトリックなCADツールをベースにした履歴機能を使用してモデルに変更を加えられます。そのため、スケッチを基にしたソリッド追加や穴の作成、フィレットや不要な穴の除去など、設計ツールに戻らずに3DXpert for SOLIDWORKSで柔軟性の高い修正を行えます。

スケッチを基にした穴作成

ラティス(格子)構造の作成

パーツの形状に合わせてラティス(格子)構造を作成すると、パーツの重量や材料の削減を図れます。なお、ラティスはモデル内部、意匠面に適用できます。

パーツを解析したサポート作成

3DXpert for SOLIDWORKSでモデルを解析し、サポートが必要となる領域を自動で検出できます。壁、格子、ソリッド、コーン、スカートなど幅広い種類をサポート。形状に合わせてサポートの断片化や傾斜、オフセットなど柔軟に定義できます。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP