• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Autodesk Inventorを使って電気ケトルを設計しよう(全5回)

製品のライフサイクルが短くなっている今、製造工程における納期短縮は大きな課題です。解決の鍵となるのが「デジタルプロトタイプによる製品開発」です。

本連載では5回にわたって、「ある家庭用キッチンメーカーが電気ケトルを設計する」という想定で、デジタルプロトタイプによる製品開発をご紹介していきます。利用するCADは、3D設計ツール「Autodesk Inventor」を中心としたパッケージ製品「Autodesk Product Design Suite」。3DCADの魅力やAutodesk製品の便利な機能に気づいていただけると幸いです。

デジタルプロトタイプによる製品開発とは

全5回で電気ケトルが完成!

ビジュアライゼーション ~プレゼンへの3Dデータの活用~(第5回目連載)

ビジュアライゼーション ~プレゼンへの3Dデータの活用~(第5回目連載)

最終回となる今回の特集は、動画とサンプルを交えてビジュアライゼーションツールをご紹介します。Autodesk Showcaseによる3次元モデルのビジュアル化や、Inventorで出力した3D PDFを用いれば、実環境での製品イメージや動画マニュアル...

図面作成の効率化 ~2次元CADと3次元CADの融合設計~(第4回目連載)

図面作成の効率化 ~2次元CADと3次元CADの融合設計~(第4回目連載)

2次元CADと3次元CADの融合設計は、2次元CAD図面を流用しつつ3次元設計を行うことで無理なく3次元化を行え、図面作成の効率化が期待できます。3次元モデルを2次元CADに落とし込むAutoCAD MechanicalとInventorの連携など、...

シミュレーション ~手戻りの防止とコスト削減~(第3回目連載)

シミュレーション ~手戻りの防止とコスト削減~(第3回目連載)

デジタルプロトタイピングの中でも、とりわけ重要なプロセスが「解析」です。解析を活用できれば、設計や製品開発の無駄を減らすことができ、開発期間短縮にコスト削減まで期待できます。今回は解析に便利なAutodesk製品を動画を交えてご紹介します。

アセンブリ ~Autodesk製品の連携による、効率的な開発~(第2回目連載)

アセンブリ ~Autodesk製品の連携による、効率的な開発~(第2回目連載)

多くの設計チームでは、電気(エレキ)系と機械(メカ)系それぞれ別の担当者に分かれていると思います。さまざまな工業製品で電子制御の比重が高まってきている現在、このエレメカ連携をスムーズに行えるかどうかが、製品設計の大きなポイントです。

モデリング ~2次元の資産を活用しながら3次元で自由な形状を描く~(第1回目連載)

モデリング ~2次元の資産を活用しながら3次元で自由な形状を描く~(第1回目連載)

「2次元設計のノウハウや資産も活用してモデリングをしたい!」とお考えの方が多くいらっしゃいます。Autodesk Inventorなら2次元を活かした設計ができます。その秘密を動画を交えてご紹介します。

デジタルプロトタイプによる製品開発とは

デジタルプロトタイプとは、コンセプトデザインやエンジニアリングなどの各部門が、実際に形にする前に完成製品を仮想体験(シミュレーション)を行います。関係者間のコミュニケーションレベルが向上し、競争力のある製品の設計、製造、市場投入を迅速に行える製品開発方法です。

Autodesk Inventorで例えると、Autodesk Inventorで単一のデジタルモデルを作成し、それを製品のデザインやビジュアライゼーション、シミュレーションに活用できます。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7819

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部特定CADソフトプロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP