• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

SOLIDWORKS CAMでNCプログラムを作成する方法

SOLIDWORKS CAMなら自動でCADモデルを基にツールパスを作成

SOLIDWORKS CAMとは、SOLIDWORKSに統合された2.5軸ミル加工と2軸旋盤加工用プログラミングのCAMアプリケーションです。SOLIDWORKS CAMでは、NCプログラムを自動で作成できます。

なお、SOLIDWORKSのサブスクリプションにご加入のお客様は、バージョン2018より無償でCAM Standard(2.5軸ミル加工の機能限定版)をお使いいただけます。

テクノロジーデータベース(TechDB)

テクノロジーデータベース(TechDB)とは、SOLIDWORKS CAMの機械加工自動化のためのナレッジベースです。加工工程、工具情報、切削条件、加工動作といったさまざまな情報がテクノロジーデータベースに保存されており、加工対象に対する機械加工操作とツールパスを自動生成し、ツールパスの均一性と品質を保証します。

SOLIDWORKS CAM テクノロジーデータベース

テクノロジーデータベースのデフォルト環境でも、さまざまな加工に対応できる工程が登録されています。ベテラン加工者のノウハウを登録しておけば、誰もがベテランと同じ加工プログラムを作成でき、社内で標準化をすることができます。

テクノロジーデータベースの定義

  • 工作機械の定義
  • 工具ライブラリに工具を定義
  • 工具の定義
  • 各操作に関連するデフォルトの操作パラメーターを定義
  • フィーチャーに割り当てられる加工パターンの定義

NCコード出力までの生成手順

テクノロジーデータベースの定義後、次の手順でツールパスとNCコードを生成します。

  1. 部品ファイルを開く:SOLIDWORKSで部品をモデル化または部品ファイルを開く。
  2. 機械の定義:部品を加工する機械、工具セット、ポストプロセッサーなどを設定。
  3. ストックの定義:加工する材料の初期サイズ、形状を設定。
  4. 加工フィーチャーの定義:モデルから加工部位を加工フィーチャーとして自動認識(AFR)する。
  5. 加工プランの構築:加工方法や使用工具などを操作フィーチャーとして設定。
  6. ツールパスの作成:加工形状、工具を基に加工時のツールパスを生成。
  7. 加工シミュレーション:生成したツールパスを基に工具の動きやパスを確認。
  8. ポストプロセス:NCプログラムを作成、出力。

自動フィーチャー認識(AFR)による加工フィーチャーの定義

SOLIDWORKS CAMは、加工対象に対して個々に加工フィーチャーを定義することもできますが、自動フィーチャー認識機能(AFR:Automatic Feature Recognition)を使用して、自動で加工プログラムを作成することもできます。自動フィーチャー認識によって、プログラム作成工数を大幅に短縮できます。

20以上の加工フィーチャータイプを自動認識

自動フィーチャー認識機能が部品の形状を分析し、ポケット、穴、スロット、ボスなど20種類以上のフィーチャタイプの判別、認識します。インポートデータに対応しています。

加工プランの構築とツールパスの作成

加工プランの構築

SOLIDWORKS CAMには、機械加工が可能な加工部位に対するツールパス作成がテクノロジーデータベースの情報に基づいて自動的に作成されます。

長方形ポケットフィーチャーに対する加工操作

ツールパスの生成

加工フィーチャーを基に作成された操作フィーチャー(加工プラン)からツールパスを作成できます。

加工シミュレーション、ツールパスの確認

操作フィーチャーごとに作成されたツールパスを基に、工具の動きをシミュレーションします。

加工シミュレーション

工具の動きとその加工結果の形状をシミュレーションします。加工結果をCADモデルと比べて、削りすぎ・削り残しをカラーマップで視覚的に確認できます。

ツールパスの確認

ツールパスと共に工具の動きを視覚化し、工具の位置を確認します。

トレランスベース加工(TBM)

3Dモデルに適用されたDimXpertの寸法とモデルベースの定義情報(PMI)を使用して、公差を考慮した機械加工プログラムを作成できます。公差に応じて加工方法を変更し、精度が厳しい場合と緩い場合とで加工方法を自動選択します。

公差に基づく加工

許容範囲を割り当て、各許容範囲の加工ストラテジーを指定

いかがでしたでしょうか?
ご紹介した以外にも、CAMでツールパスを作成することで、加工時間の算出そして加工見積りとしてもご利用いただけます。加工指示書も作成できるため、担当者へ工程・工具リストを出力することもできます。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP