【CIM実践講座】CIMガイドラインに沿ったAutodeskデータ共有活用術

平成30年度のCIMのリクワイヤメントに「関係者間での情報連携およびオンライン電子納品の施行」が追加され、クラウドを介したデータ共有が注目されています。資料では、BIM / CIMモデルや2次元図面のデータ共有・意見交換を実現するクラウドサービス、デスクトップ製品からの接続方法について掲載されています。

目次

  • 平成30年度のCIMの実施方針 
  • BIM / CIM対応製品
  • オートデスク データ共有環境
  • 各製品からの接続
  • AEC Collection活用のテキスト類

資料請求(無料)