• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

クラウドの柔軟性が働き方改革を可能に(BIM on VDI)

クラウドサービスの用途が「BIM on VDI」に広がる。そのメリットと注意点とは?

IT投資の選択肢を大きく広げてきたクラウドサービスの用途がBIM on VDIにも広がります。「どこからでも」「必要なときに必要なだけ」使えるクラウド環境でBIM on VDIを利用することで得られるメリットと注意点は何でしょうか。BIM on VDIクラウドサービスを提供予定の大塚商会PLMソリューション営業部のスペシャリストに話を聞きました。

どこからでも使えるクラウドサービスだから働き方改革・人材獲得の武器に

長井尚史:現在、建設業界ではさまざまな要因により建設工事が急増しています。そのような状況にもかかわらず、業界自体は深刻な人手不足の状況にあるということです。多くの工事物件はあるが、対応する人員が足りず、結果物件受注自体を抑制しているケースもあると聞きます。また、世の中では長時間労働が問題となっていることもあり、企業では限られた人員・適正な労働時間で今まで以上の仕事量をこなす必要性に迫られています。いわゆる「働き方改革」で働き方そのものを見直し、限りあるリソースでいかに生産性を上げるかが、喫緊の課題となっています。BIM on VDIクラウドは、そのような背景にある建設業界でのBIM利用シーンを大きく変革し、課題を解決することができるサービスと言えます。

VDIのクラウド化には、必要なときに必要な分だけ、どこからでも使え、使った分だけコスト発生という大きなメリットがあります。どこからでも使えるようになればテレワークが可能となります。フルタイムで出勤することが難しい人、例えば、小さな子供がいるなど事情はさまざまですが、そんな事情がある方にも仕事をしてもらえます。出勤を前提としては雇えなかった人でも雇えるわけですから「人が足りない」の解決に役立ちます。もちろんテレワークを進めようとするとセキュリティの問題が出てきますが、クラウドなら利用者側にデータは残りませんし、本社の社内LANとは切り離されていますので、VPNを引いて社内LAN上のBIMサーバーを使わせるよりも、クラウドの方が導入しやすい面があります。

大塚商会
PLMソリューション営業部 課長
長井尚史

この記事の続きはBIM on VDI特集ページでご確認ください。

BIM on VDI 最前線 クラウドサービス編

VDIとは

「BIM on VDI」は、サーバー上で仮想的に動作しているワークステーション環境の画面を、ユーザーの手元の端末(ノートPC、タブレットなど。一部のスマートフォンにも対応)へ転送する仕組みです。ユーザー側からはマウスやキーボードなどの入力情報をサーバー側へ転送し、CADを操作します。実際の設計図面などのデータそのものをユーザーの端末へと転送することはなく、情報漏えいの危険性は極めて低いことが特徴です。

ユーザーは、端末をインターネットに接続できる環境ならば、どのような場所でもCADを操作することができます。デスクに縛られることなく、自社の会議室やクライアントのオフィス、出張先や外出先でも作業を行うことが可能です。「BIM on VDI」に特化したGPU(グラフィック・プロセッシング・ユニット(グラフィック専用処理装置))を搭載したサーバーが、ストレスのない描画を実現します。画面と入出力の信号を転送するだけのシンプルな仕組みのため、ネットワークへの負荷も非常に小さく、「画面がカクカクする」といったようなパフォーマンスの問題も回避されています。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP