• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

V-RayとAdobeが実現するレンダリングの効率化と高品質

Revit レンダリングへの答えは、CADとAdobeでクールに仕上げる

Autodesk RevitはBIMモデルを利用したフォトリアルなレンダリングも魅力の一つですが、時間がかかり過ぎるという課題があります。V-RayとAdobeで実現するRevitレンダリングがその課題を解決します。

RevitでV-Rayレンダリングができること、ご存じですか?

Revitに搭載されたレンダリングエンジン(Autodesk Raytracer)では、成果物の品質や計算時間に課題が残ります。また、Autodesk社が提供しているクラウドレンダリングを利用してもレンダリングの計算時間をある程度は短縮できますが、コンペに求められるような品質は期待できません。

そこで多くのデザイナーに幅広く使用されている業界標準のレンダリングソフトウェア「V-Rayシリーズ」を活用します。V-Ray for Revitは、Revit上でV-Rayレンダリングが行えるプラグインソフトです。高速かつ高品質なレンダリングを行うだけでなくワークフローも快適化します。

V-Ray 製品情報

Revitで約85%レンダリング時間の短縮に成功

Autodesk RaytracerとV-Ray for Revitを用いてのレンダリング時間を比較したところ、V-Ray for Revitはレンダリング時間を約85%短縮できました。

  Autodesk Raytracer V-Ray for Revit
解像度 1,500×2,000 1,500×2,000
品質 最高 Medium
レンダリング時間 2時間43分45秒 24分24秒

レンダリングマシン主要スペック

CPU Intel Core i7-8750H
メモリー 16GB
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1070
ビデオメモリー 8GB

再レンダリングすることなくPhotoshopで思いどおりの仕上がりへ

V-Ray for Revitでは、レンダリングと同時に反射や屈折など要素を分けたイメージの出力が行えます。これらはAdoobe Photoshopによるレタッチに威力を発揮します。

Photoshopで各要素と共に取り込めば「不透明度」の強弱で室内のライティングをコントロールしたり、「反射」の強弱を調整したりすることができます。何時間もかかるレンダリングを何度も行わなくてもこれら各要素を調整するだけで思いどおりに仕上がります。

PhotoshopとStockでよりリアルなイメージへ

背景画像にもこだわりましょう。

Adobe Senseiの支援で画像背景を切り取り、数百万点に及ぶロイヤリティフリーのストック画像が検索できるAdobe Stockから「空」を検索して、イメージに合った空を選択し、ドラッグ&ドロップで入れ込むだけです※。

※ 事前購入したAdobe Stockクレジットを使用して素材のライセンスを取得します。事前購入の心配やデータの差し替えも不要で、画像に加えた加工もそのまま反映されるため無駄がありません。

プロ向けのストックフォトサービス「Adobe Stock」

動画で一連の操作をご紹介

動画 概要

動画再生

CAD+Adobe コンセプト動画
「V-Ray for Revit」と「Adobe Creative Cloud」による効率的なパース制作の概要をご紹介します。(1分47秒)

動画再生

CAD+Adobe デモ動画
「V-Ray for Revit」と「Adobe Creative Cloud」の実際のレンダリング操作手順をご紹介します。(5分06秒)

さらに詳しく知りたい方へ - 無料資料ダウンロード

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP