• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

解析やデータ処理で耳にする周波数解析を知ろう

まずは知ってほしいフーリエ変換という言葉。FFTとフーリエ変換はちがうの?

CAEによって得られた時系列の解析結果を処理する際に「FFT」という言葉を聞いたことがあるかと思います。この処理を行うと、時間軸のデータが周波数軸のデータに変換されます。そして、「この設計だとこの周波数で共振する」「この周波数の音が出ている」などを推測できます。

しかし、周波数に変わり、元の時間との関係はどのようになっているのでしょうか?用語を聞くけれど、分かりにくいことはありませんか?インターネットで調べてみても、難しい言葉や数式が…とお悩みの方に、FFTとフーリエ変換を解説します。

解析やデータ処理で耳にする周波数解析を知ろう 資料請求

解析やデータ処理で耳にする周波数解析を知ろう イメージ

FFTとは

FFTとは高速フーリエ変換の略語です。つまり、フーリエ変換の一つの解法になります。そして、CAEツールなどパソコンはデジタルの世界なので扱えるデータもデジタル、つまり連続系ではなく離散系のデータとなります。フーリエ変換も連続系を対象とした式と離散系を対象とした式が用意されています。

ここでは、離散系のフーリエ変換を対象としてその特長をご説明します。

詳細資料

このトピックスに関する詳細な情報、ならびに座学セミナー「はじめての信号処理」で使用する資料の抜粋をご用意しております。次よりお気軽に資料請求をしてください。

資料掲載項目
  • FFTとは
  • 標本化定理の基本・CDのサンプリングはなぜ44.1kHz?
  • 入力データと周波数分解能の関係 ほか

解析やデータ処理で耳にする周波数解析を知ろう 資料請求

資料サンプル

資料サンプル

資料サンプル

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP