3次元データ活用に有効なデータ配信方法

昨今、製造業では3次元設計が進んでいます。3次元CADに加えてデータの管理ツール(PDM)を導入されるケースが増加しています。PDMは、設計部署内のチーム設計促進、既存部品の流用促進、仕掛けデータのバージョン管理といった場合に、非常に強力な力を発揮するツールです。一方、3次元データが蓄積されることにより、設計以外の部署でも3次元データを活用したいというニーズも増加しています。

生産技術部の作業指示書、保守部門のメンテナンスマニュアル、営業部門のプレゼン資料など、3次元データを活用できるシーンはさまざまです。上手な業務適用により作業工数の削減につながります。では、PDMで管理された3次元CADデータを、どのように設計以外の部署へ配信すればよいのでしょうか?

資料ダウンロード

PDMで管理された3次元CADデータを、どのように設計以外の部署へ配信すればよいか?実際に現場であった事例でソリューションをご紹介します。詳しくは資料をダウンロードし、ご確認ください。

資料ダウンロード