さらなる業務効率化を実現するためのBOM活用

図面入手コストや図面保管コストの削減を目的に、図面管理の電子化を検討する際、従来のフォルダ管理タイプの文書管理システムでは、製品ごとにフォルダで図面の管理をすると、共通部品の図面は重複管理になってしまい、重複管理を避けると製品図面一式の入手が手間になってしまう。

製品構成(BOM)に関連付けて管理することで重複管理もなく、製品に関わる図面や技術文書の入手が容易にできます。

さらには、一括印刷や設計変更時の変更部品の利用先検索も…

資料ダウンロード

紙図面の電子化で製品構成(BOM)に関連付けた、効率的な図面管理を実現。実現するためには具体的にどうすれば良いのか?実際に現場であった事例でご紹介します。詳しくは資料をダウンロードしてご確認ください!

資料ダウンロード