D3 TEXUTUREで実現するデジタルシボ・エンボス

樹脂部品の表面に施されたシボや、容器等に施されるエンボス加工など、今までデジタル化が難しかった、細かな凹凸形状をデジタル化することが可能になってきており、注目されています。

デジタル化することにより、次のようなことを実現できます。

  • 3Dデータに対して画像データを利用し、簡単に凹凸形状を施せる
  • 凹凸形状を施した3Dデータを元にRP試作出力や金型の切削が可能になる
  • シボ、エンボスのデザインが可能になる

特にシボに関しては、専門業者に依頼しないと、実現が難しかったと思います。また、シボ加工はアナログ作業が多いため、工数が大きく取られ、これが、コストや納期のボトルネックとなるケースもあるのではないでしょうか?

資料ダウンロード

D3 TEXUTUREで実現するデジタルシボ・エンボス。その具体的な方法とは?実際に現場であった事例でご紹介します。詳しくは資料をダウンロードしてご確認ください!

資料ダウンロード