Onshapeとは? ~Onshapeの基本を徹底解説~

フルクラウドCADソフト「Onshape」

OnshapeとはPTC社が扱うクラウドベースの3D CADです。多くの3D CADが提供されている中でもOnshapeは直感的で操作しやすいため、2D CADをご使用中の方やこれから3次元を始められる方にお勧めです。

この記事を詳しく解説した資料があります

クラウド上で設計するメリット

Onshapeは全ての操作をクラウド上で行います。

デスクトップ型CADのように部品・アセンブリ・図面データを個別に作成するのではなく、Onshapeはクラウド上で「ドキュメント」を作成し、その中で部品・アセンブリ・図面などのモデリングを行います。

ドキュメント内で完結するため、多数のファイルを作成したり参照先を意識したりする必要はありません。

作業内容は常に自動で保存され、全てクラウド上にバックアップ。CADデータだけでなく、画像、PDF、Office文書ファイルなどもドキュメント内に保存できます。

【動画】フルクラウド3D CADシステムOnshapeのご紹介

3次元モデル編集機能

PartStudioによるマルチパートモデリング

部品のモデリングはドキュメント内に作成する「PartStudio」にてヒストリーベースで行います。PartStudio内でマルチボディを作成すると、各ボディは自動的に個別部品として識別されます。そのため、同一空間、同一履歴で複数部品をモデリングすることができます。

アセンブリ作成時にはPartStudio内の部品を個別に挿入、またはPartStudioごと複数部品をまとめて挿入できます。

MateConnectorによるアセンブリ拘束

アセンブリ組み付け時にモデルの面やエッジ・点に対して基準点(MateConnector)を指定し、一定条件に応じて基準点同士を拘束する定義が可能です。

Connector同士で距離や角度を指定したり、回転、スライダー、円筒など条件に応じた拘束を指定したりしてモデルの組み付け状態を再現できます。

  • 基準点(MateConnector)を指定

  • 固定拘束

  • 距離の指定

アセンブリ内での編集

「In-context Design」コマンドにより、アセンブリ環境内で部品編集を行えます。

編集中はアセンブリ内のほかの部品が透明表示になり、必要に応じて他部品を参照してモデリングを行えます。また、編集開始時にはアセンブリのスナップショットが作成されるため、他部品を参照中に変更が生じても、部品が壊れずに作業できます。

  • Edit In-contextを選択

  • 部品編集モードに入り、ほかの部品が透明表示

  • 透明表示の他部品を参照しながら設計

コンフィギュレーションによるモデルのバリエーション作成

PartStudioおよびアセンブリでは、コンフィギュレーションを設定してモデルのバリエーションを作成できます。コンフィギュレーションはフィーチャーごとに独立したテーブルで定義するため、大規模な設計テーブルなどを作成せずに、多数のバリエーションを作成できます。

コラボレーション機能

Onshapeでは開発に関わるユーザー間でドキュメントをシェアすることができます。

複数人で同一ドキュメントへ同時にアクセスして作業したり、コメント機能でコミュニケーションを図ったりして、クラウドならではの機能をご利用いただけます。

コメント機能

データ管理機能

Onshapeにはデータ管理機能が組み込まれているおり、バージョン管理が行えます。

現在の状態を残しておく「バージョン」、新規または過去の状態を参照した作業領域となる「ワークスペース」をそれぞれ任意の名前で作成できます。複数の設計案を検討するため、分岐して新たなワークスペースを作成も可能です。

分岐するようにワークスペースを作成。データをコピーせずに複数の設計案を進められる

Onshape 価格

Onshapeの価格は、4種類のサブスクリプションプランが用意されています。それぞれ搭載機能が異なりますので、Onshapeの詳しい情報を知りたい方は、お気軽に資料請求にてお取り寄せください。

Standardコラボレーションとデータ管理のニーズを持つ最新のCADツールを必要とする個人ユーザー向け
ProfessinalCAD、リリース管理、データ管理などの製品開発プラットフォームを必要とする中小規模向け
Enterpriseクラス最高の製品開発ツール、カスタマイズされたワークフロー、役割ベースのアクセス制御、設計分析を必要とする組織向け
Free(無料)

パブリックデータのみの作成・編集・共有

さらに詳しく知りたい方へ無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

Onshape ご紹介

主な内容

  • 創設~ボードメンバーの経緯
  • Onshapeの特徴
  • Onshape機能