• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

FlowDesigner解析事例38:音響逆解析による防音壁配置検討

FlowDesigner 2019バージョンより搭載された「音響逆解析機能」を使ってみた

FlowDesigner 2019バージョンより音響逆解析機能が搭載されました。今回はこの機能を用いて室外機の騒音を下げるために、どこに防音壁を配置したらよいのかを検討します。

本機能を使用すると配置箇所の目星を付けやすくなると同時に、複数パターンの検証を行えるため、効率的な解析を行えます。

この記事を詳しく解説した資料(無料)があります

目的:防音壁の効果が最も高い配置を検討する

室外機の騒音は生活環境、業務環境の快適さに影響を及ぼします。ある特定のポイントを対象に音圧レベルを下げために防音壁配置を検討中です。一定サイズの防音壁をどこに配置すれば最も効果があるのでしょうか?

防音壁は一定のサイズとし、配置領域は以下の配置検討領域とします。

モデル概要

領域の大きさ 20×20×8m
解析対象周波数 63Hz(波長λ=5.4m)
音速 340m / s
総音源 90db
地面 吸音率5%
地面以外は開放境界

現状の解析結果

FlowDesignerで現状の解析を行った結果、設計目標となる場所では60.3dbとなっている。

逆解析(防音壁配置箇所検討)でより分かりやすく

逆解析の「密度感度」の結果である。密度感度が+(プラス)な場所ほど、密度を上げると目標値の音圧レベルが上がる。感度が-(マイナス)な場所の密度を上げると、目標値の音圧レベルが下がる。

よって、青い部分に防音壁を置くと効果があると見込まれる。

逆解析の結果を受け、以下5カ所を防音壁配置候補として再度解析を行ったところ、配置案1が最も改善効果が高いと見込まれる(各配置における解析結果は資料請求のうえご確認ください)。

配置案1が最も改善効果が大きいことが分かる

  平均感度
配置案1 -0.052
配置案2 0.411
配置案3 0.415
配置案4 0.367
配置案5 0.025

さらに詳しく知りたい方へ - 無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

FlowDesignerの解析事例 音響逆解析による防音壁配置検討

主な内容
  • 対策前―解析結果
  • 逆解析結果
  • 対策後―解析結果

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP