• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

3Dものづくりプロセスを変える「組立プロセス設計ソリューション」をリリース

フロントローディング活動を強力に後押し

ラティス・テクノロジー株式会社(以下、ラティス)は、指示図作成など生産準備業務の効率化を支援するXVL Studioの最新バージョン「Ver.18.0(以下、新バージョン)」を2019年10月28日(月)にリリースします。

製造工程における課題

ラティスの軽量3Dフォーマット「XVL」は、世界レベルの基本性能を持つことから3D活用ソリューションとして国内外の多くの製造業に導入され、特に生産技術や製造分野では、生産性向上のために設計の3DデータをXVL化し、試作から量産に至る生産準備業務に活用されています。

近年「働き方改革」の号令の下、製造業ではロボット導入やITツールによる効率化を図るなど労働生産性を高めるべく改革に取り組んでいます。一方、ものづくりの現場では労働力不足の中、多品種生産・短納期化により、品質の作り込み不足といった課題があります。

多くの企業で設計の3D化が進むものの、製造性の評価は試作後の実機で検証したり、後工程はいまだ紙図面が流通したりなど、デジタル化はなかなか進んでいませんでした。このため設計変更が多く情報伝達も非効率的で、量産までのリードタイムが長くなりがちでした。設計以降のデジタル化のボトルネックが設計の3Dモデルと組立プロセスが別々に管理されていることでした。

簡単に工程設計の変更ができるように

新バージョンでは、簡単に工程設計ができる「工程ブロック図」作成機能により、3Dモデルと組立工程を統合して作成、早期に工程設計および製造性検証を行う「組立プロセス設計ソリューション」を提供します。設計段階から製造品質を作り込むフロントローディング活動を強力に後押しすることで、ものづくり現場の労働生産性向上を支援します(工程ブロック図作成機能はXVL Studio Pro以上でご利用いただけます。XVL Studio Standardでは閲覧のみご利用いただけます)。

工程ブロック図作成機能画面イメージ

多くの企業では、Excelをベースに工程フローチャートを作成、設計から生産技術部門間で合意形成を図りながら工程設計を進めていました。

しかし、文字情報だけでは実際にどのような製品を製造するのかというイメージが湧きにくいため、習熟したメンバーしか工程が設計できないという課題がありました。新バージョンを使えば、工程単位のブロックを並べ簡単でビジュアルな工程設計を実施できます。工程と3Dモデルをひも付けることでものづくりの流れをグラフィカルに把握でき、習熟度が低くても作業可能になります。

また、ビジュアルな工程ブロック図は部門間での正確な情報伝達を促進し、効果的なデザインレビューを可能にします。指摘された問題による工程変更も簡単な操作で対応できるため、短時間で工程の作り込みができ、良品出図に向けたフロントローディング活動を後押しします。工程が定義されれば、XVLの組立性検証ソリューションにより、組み付け不具合を事前に検証し、設計へフィードバックすることも可能となります。

新バージョンでは、各工程のブロックにQC情報を登録、品質管理情報も合わせてXVL上で管理できるので、QC工程表の作成も可能です。XVLの持つものづくり情報が開発・生技・製造の全体プロセスをつなげることができるようになります。「組立プロセス設計ソリューション」は、良品出図による製造品質向上を実現し、製造業におけるリードタイム削減に貢献します。

本製品の詳細・価格はメーカーサイトにてご確認ください。

ラティス、3Dものづくりプロセスを変える『組立プロセス設計ソリューション』をリリース

ラティス・テクノロジー株式会社

ラティス・テクノロジー株式会社は、ネット上での軽量3Dソリューションを提供するために1997年10月、慶應義塾大学(当時)の千代倉弘明教授らが中心となって設立したソフトウェアベンチャー企業です。世界トップ水準の性能を持つ3D軽量化技術XVLをベースとした3Dデータ活用ソリューションをご提供しています。設計を検証するデジタルモックアップから設計・製造情報を伝達するためのテクニカルドキュメントまで、3Dデータ活用のソリューションを幅広くご提供しています。

本社 〒112-0004 東京都文京区後楽2-3-21 住友不動産飯田橋ビル10階
サイト ラティス・テクノロジー株式会社
代表取締役社長 鳥谷 浩志
資本金 7億円
設立 1997年10月

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP