【セミナーレポート】CIM導入ガイドライン土工編をAutodeskソリューションで実践すると…

国土交通省のCIM導入ガイドラインをAutodeskソリューションで実践する方法

国土交通省のサイトでは、CIM導入ガイドライン第1編(共通編)と第2~6編(土工~トンネル編)を公開しています。今回のセミナーでは、第2編の土工編に沿って、Autodeskソリューションでの土木作業手順のデモを交えて解説しました。

この記事を詳しく解説した資料があります

Autodesk製品はCIM導入ガイドラインのモデルの定義に対応

CIM導入ガイドライン共通編では、CIMモデル6種(線形、土工形状、地形、構造物、地質・土質、広域地形)とそれらのモデルを組み合わせた統合モデル合計7種類が定義されています。各モデルに必要となる情報なども合わせて指定されています。

Autodeskの業界別コレクション、Autodesk Architecture, Engineering & Construction Collection(以下、AECコレクション)には、これらCIMモデルそれぞれに対応する製品が含まれています。つまり、AECコレクション一つで全7種類のモデルを網羅できます。

モデル対応するAutodesk製品
線形AutoCAD Civil 3D
土工形状AutoCAD Civil 3D
地形Autodesk ReCap Pro、AutoCAD Civil 3D
構造物Autodesk Revit
地質・土質AutoCAD Civil 3D
広域地形Autodesk InfraWorks、Autodesk Navisworks
統合Autodesk InfraWorks、Autodesk Navisworks

AECコレクションは、CIM導入ガイドラインにおいてどのように役立つのか、具体的な例を見ていきましょう。

土工管理 ~Autodesk ReCap 360 Pro~

IT土工においては、UAVで撮影した写真やレーザースキャナーの測量結果を活用する場面が増えてきました。AECコレクションのAutodesk ReCap 360 Proは、そうした測量データを扱うための製品です。スキャナーや写真から得られたデータから3Dモデルを作成し、ほかのソリューションにも展開するといった、親和性を高めるために活用します。

  • スキャナーで撮影した点群データの高速表示、計測、編集。
  • 写真から高解像度3Dメッシュ、点群、オルソなど作成。

道路土工と河川土工 ~AutoCAD Civil 3D~

CIMガイドラインでは、道路土工や河川土工でも測量に基づく点群データや各種設計データを3次元で管理することになります。AutoCAD Civil 3Dは主に土工の現況と設計データを対象とし、橋梁や建物などはAECコレクションに含まれるほかソリューションで作るのが一般的です。

AutoCAD Civil 3D 製品情報

統合モデルの作成 ~Autodesk InfraWorks~

それぞれのソリューションで作られたデータを合わせ、CIMガイドラインの統合モデルを作成するには、Autodesk InfraWorksやAutodesk Navisworksを使用します。特に、Autodesk InfraWorksは設計データから3D景観モデルを容易に作成できるため、複数の設計案の作成やプレゼンに効果を発揮し、関係者の迅速な合意形成を促します。

動画で分かる統合モデルの作成

オンラインセミナー参加者様の声

今回もたくさんの方に参加いただきました。参加者様からの意見の一部をご紹介します。

  • 動画付きでとても分かりやすい。
  • 今後の業務の変化にとても重要な内容のため、関連している仕事をしている知り合いにも勧めたい。

さらに詳しく知りたい方へ無料資料請求

このセミナーでご紹介した内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

Autodeskソリューションで実践するCIM ~土工編~

主な内容

  • CIM導入ガイドライン CIMモデル
  • オートデスクソリューション活用例土工編(土工管理、河川土工)