動作比較レポート HPワークステーション ZBook 15シリーズ

処理速度に優れたHPワークステーション ZBook 15はどれか、実際に検証しました

2016年11月15日より国内販売開始されたSOLIDWORKS 2017を使って、HPモバイルワークステーション(ZBook 15)3機種のパフォーマンステストを行いました。処理速度が最も優れているZBookは一体どれ?

この記事を詳しく解説した資料があります

検証マシン3台のスペック

検証には、次のHP ZBookシリーズの3機種を使用しました。

  • ZBook 15 G3 エントリモデル
  • ZBook 15 G3 ハイエンドモデル
  • ZBook Studio G3
ZBook 15
モデルZBook 15 G3
エントリ
ZBook 15 G3
ハイエンド
ZBook Studio G3
CPUIntel Core i7-6700HQ
(6Mキャッシュ、up to 3.50GHz)
Intel Xeon E3-1505M
v5(8Mキャッシュ、2.80GHz)
Intel Core i7-6700HQ
(6Mキャッシュ、up to 3.50GHz)
HDDSSHD
(SATA)
SSD
(PCIe M.2.NVMe)
SSD
(PCIe M.2.NVMe)
メモリー8GB16GB8GB
仮想メモリー24576MB49152MB24576MB
グラフィックスNVIDIA Quadro M1000MNVIDIA Quadro M2000MNVIDIA Quadro M1000M
グラフィックスドライバー10.18.13.549010.18.13.546110.18.13.5461
  • * OS(Windows 7 SP1 64bit)、消費電力(150W<ワット>)は全て同じ。
  • ZBook 15 G3 エントリ・ハイエンドモデル

    ZBook 15 G3 エントリ・ハイエンドモデル

  • ZBook Studio G3

    ZBook Studio G3

テスト内容

使用モデル

構成部品の合計数1,042
部品872
ユニークな部品55
サブアセンブリ170
ユニークなサブアセンブリ15

計測内容

  • ソフトウェア起動・終了
  • 部品ファイルを選択・開く・編集
  • 干渉チェック
  • 平面図削除
  • 断面図作成
  • 全てのファイルを閉じる
  • アセンブリファイルを開く・再構築・編集・保存
  • フィーチャ再構築
  • 標準3面図+アイソメ図作成
  • 作図スケール変更
  • 図面ファイル更新・保存 など合計20項目

検証結果 どのマシンが一番速く動作したのか?

1位 HP ZBook 15 G3 ハイエンドモデル(3:51)、2位 HP ZBook Studio G3(4:01)、3位 HP ZBook 15 G3 エントリモデル(4:22)

一連の作業での時間比較結果

このパフォーマンステストの詳細な数値結果は下図よりご確認ください。

時間比較結果

まとめ

  • 総合的な処理速度においてCPU性能の影響が大きく、Intel Xeon E3-1505Mv5 CPUを搭載したZBook 15 G3ハイエンドモデルの処理速度が優れている。
  • ZBook 15 G3エントリモデルとZBook Studio G3の大きな違いはハードストレージだが、SSHDとSSDのスピードの差が出た結果となった。
  • テストしたモデルデータにもよるが、グラフィックボードによる影響が少ないと考えられる。

さらに詳しく知りたい方へ無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

ワークステーションパフォーマンステスト ~SOLIDWORKS2017~
(全編資料)

主な内容

  • テスト1:大規模アセンブリ計測