世界初のミニワークステーションHP Z2 Miniで3D CADを試した

小さいだけが取り柄ではありません

2017年第1四半期に発売された、HP史上最も小さいワークステーション「HP Z2 Mini」。今まで1番小さい筐体だったHP Z240SFFと比較するとなんと約80%(パーセント)も小さくなっています。そんな小さな筐体で3D CADはどのくらい動くのか、ほかのモデルと比べて動作スピードは? Windows 7と10、OSによる違いは? など、気になる点を実際にテストしました。

この記事を詳しく解説した資料があります

Z2 Miniは今までにないフレキシブルなワークステーション

ワークステーションといえばタワー型の大きな筐体で、机の上に置くと圧迫感がありました。電話や液晶ディスプレイ、書類置きなどもあり、作業できるスペースが狭くなっているなんてお客様もいらっしゃるのではないでしょうか。

Z2 Miniはディスプレイの裏側にマウントできたり、机の下に設置できたりと机の空いたスペースを有効活用できます。狭いワークスペースや限られたデスクレイアウトでタワータイプだと大きすぎるお客様にお勧めのモデルです。

検証マシン3台のスペック

今回検証したZ2 Miniのスペックと比較したワークステーションのスペックは次の通りです。

モデルZ2 MiniZ240SFFZ240
CPUXeon E3-1225v5 3.3GHzXeon E3-1225v5 3.3GHzXeon E3-1270v5 3.6GHz
HDDSSD(M.2 PCIe)+HDDSSD(SATA)+HDDSSD(SATA)+HDD
メモリー16GB16GB16GB
仮想メモリー49,152MB49,152MB49,152MB
グラフィックスNVIDIA Quadro M620NVIDIA Quadro K620NVIDIA Quadro K2200
グラフィックスドライバー21.21.13.729510.18.13.588710.18.13.5413

左からZ2 Mini、Z240SFF、Z240

使用モデルと計測内容

Z2 MiniはSOLIDWORKS 2017、そのほかはSOLIDWORKS 2016を使って、モデルデータを合計20項目の計測内容でテストしました。

使用モデル

構成部品の合計数5,215
部品4,360
ユニークな部品265
サブアセンブリ855
ユニークなサブアセンブリ80

計測内容

  • ソフトウェア起動・終了
  • 部品ファイルを選択・開く・編集
  • 干渉チェック
  • 平面図削除
  • 断面図作成
  • 全てのファイルを閉じる
  • アセンブリファイルを開く・再構築・編集・保存
  • フィーチャ再構築
  • 標準3面図+等角投影図
  • 作図スケール変更
  • 図面ファイル更新・保存 など合計20項目

検証結果 どのマシンが一番速く動作したのか?

結果詳細

計測時間結果

メモリー使用量結果

まとめ

  • Xeon E3-1270v5を搭載したZ240が1番パフォーマンスが良い結果となった。
  • Z2 Miniでも3D CADは十分に動作することが分かった。ミニサイズや導入コストを考えると、コストパフォーマンスに優れているため、導入機種の候補の一つとして十分に考えられるのでないか。
  • Z2 Miniにおいて、Windows7 SP1環境とWindows 10環境では、Windows 10の方がパフォーマンスに優れていた。Windows 10環境のSOLIDWORKS 2017の方が、より多くのメモリーを使用しているため、Windows 10で使用する場合は多めのメモリー容量が欲しいところ。

さらに詳しく知りたい方へ無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

パフォーマンステスト ~SOLIDWORKS 2017~
(大容量の100ページ!)

主な内容

  • テスト1:大規模アセンブリモードでファイルを開く