• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

トポロジー最適化の考え方と軽量化の成功要因

突然、10%を超える軽量化を求められたらどう対応する?

ある自動車メーカーの新型モデルでは、先代モデルと比べて10%を超える軽量化目標を達成するために、「トポロジー最適化」と「パラメーター最適化」を採用しました。二つの最適化の考え方と軽量化の成功要因について探ってみましょう。

記事一覧

重量と性能のトレードオフ問題を解決する環境づくり
パラメーター最適化は実製品に近い形状で設計変数の範囲も指定できるため、そのまま採用しやすい製品形状を見つけるのに有効です。しかし、要求性能は機能、強度以外にもさまざまあり、各要素が複雑なトレードオフ関係であるケースが多くあります。
既存概念にとらわれないトポロジー最適化とは?
ある自動車メーカーは最新の設計最適化技術である「トポロジー最適化」を用いて、軽量化目標を達成しました。このトポロジー最適化の考え方と軽量化の成功要因について探ってみましょう。
突然、10%を超える軽量化を求められたらどう対応する?
ある自動車メーカーにおいて「新型モデルでは、先代モデルと比べて10%(パーセント)を超える軽量化目標を達成する」という指示があったそうです。この自動車メーカーでは、どのようにして軽量化目標を達成したのでしょうか?

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP