• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

オートデスク社クラウドサービスAutodesk 360の活用ポイント

オートデスク社のクラウドサービスAutodesk 360の疑問にお答えします

オートデスク社のクラウドサービス「Autodesk 360」は多様なサービスで構成されています。いつでも好きな時にサービスを組み合わせて活用することで、設計の幅が広がります。無料で活用できるサービスのほか、ニーズに合わせたサービスを選べます。

Autodesk 360でどんなことができるの?

Autodesk 360を活用すると、次のようなメリットがあります。

  • 自分のコンピューターに負荷をかけることなく、クラウド上のコンピューターを使ってレンダリングやシミュレーションを実行することができます。
  • パソコンとインターネット接続環境さえあれば、いつでもどこからでもプロジェクトファイルにアクセスすることができるので、効率よく仕事を進めることができます。

そもそもAutodesk 360サービスはどうしたら利用できる?

オートデスク社のクラウドサービスは誰でも利用ができる「AutoCAD 360」とAutodeskサブスクリプションユーザーだけが利用できる複数のサービス「Autodesk 360」があります。

AutoCAD 360は設計ドキュメントをクラウド上に保存できる機能により、いつでもどこからでもアクセスし、社内関係者や取引先などと簡単にデータの共有ができます。また、表示機能によりファイル作成に使用したCADを持っていないユーザーでも、2Dおよび3DのDWFファイルをWebブラウザーから開いて閲覧できます。

Autodesk サブスクリプションユーザーだけが利用できるサービスでは、次のような設計者に役立つ充実のサービスが提供されています。

サービスサブスクリプション
ユーザー
非サブスクリプション
ユーザー
AutoCAD 360初期費用無料無料
月額費用無料無料
ストレージ容量25GB5GB
ドキュメント共有
ドキュメント閲覧
DWG編集
Rendering ビジュアライゼーション○※1×
Optimization for Inventor 最適化○※1×
Autodesk Buzzsaw
プロジェクトコラボレーション、閲覧
○※1×
Energy Analysis for Revit
建物のエネルギー解析
○※1×
Autodesk Green Building Studio
建物のエネルギー解析
○※1×
Structural Analysis for Revit
構造解析
○※1×

※1 契約しているサブスクリプションのソフトウェアによって利用できるサービスが異なります。

サブスクリプションユーザーだけが使えるサービスとは?

サブスクリプションに契約されたユーザーは次のようなサービスを利用できます。

Rendering in Autodesk 360 ビジュアライゼーション

デスクトップを離れずに作業を続けられ、特殊なレンダリング用ハードウェアも必要なく、フォトリアリスティックなビジュアライゼーションをクラウドで実現します。

  • AutoCAD、Revit、Navisworks対応
  • パノラマイメージ作成
  • 日照シミュレーション
  • イメージの露出調整
  • 照度イメージ作成

Autodesk 360 Optimization for Inventor 最適化

複数の設計案のパフォーマンスをクラウドでテストすることにより、デスクトップ以外の場所で概念化とシミュレーションを実行します。

Autodesk Buzzsaw プロジェクトコラボレーション、閲覧

プロジェクトデータを安全に共有するためのサービスで、次のファイルに対応しています。

  • Webブラウザー利用のAutodesk Buzzsaw WebAccessでNavisworksファイル(nwd)、Revitファイル(rvt)の表示
  • iOS版Autodesk Buzzsaw mobileアプリでNavisworksファイル(nwd)、Revitファイル(rvt)の表示
  • Android版はNavisworks/Revitファイル表示未対応
  • Vault ProfessionalのサブスクリプションユーザーにBuzzsawアカウントを提供

Autodesk 360 Energy Analysis for Revit 建物のエネルギー解析

ワークフローを中断することなく、設計の初期段階からエネルギー消費と建物のライフサイクルコストに関する理解を深められます。マスモデルだけでなく、Revitの詳細モデルにも対応しています。

Autodesk Green Building Studio 建物のエネルギー解析

迅速で正確なエネルギー解析の実施やエネルギー効率の最適化、複数の設計案の二酸化炭素排出量を改善します。

  • Green Building StudioページからgbXMLファイルのアップロードに対応
  • 実際とモデル化されたエネルギー使用量比較のため、Green Buttonデータをアップロード可能

※ 英語版のみとなります。

Autodesk 360 Structural Analysis for Revit 構造解析

各種建築物のモデルまたはプロジェクトのパーツを対象に複数の統計解析を実行できます。例えば、同じモデルに異なるマテリアルを適用するなどして同時に複数の計算を実行できます。

クラウドクレジットとは?

クラウドクレジットとは、Autodesk 360でレンダリングの作成やシミュレーションの実行など特定のタスクを実行する際に必要なユニットです。タスクの種類と規模によって、異なる量のクラウドクレジットが必要になります。

Suiteおよびスタンドアロン製品(LTを除く)のサブスクリプションユーザーに対して、初回契約時に100クラウドクレジットの割り当てがあります。また、クラウドクレジットは別途購入することもできます。

詳細資料

このトピックスに関する情報を掲載した資料をご用意しております。ご希望されるお客様は、下記よりお気軽に資料請求してください。

資料請求(無料)

資料サンプル

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7819

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部特定CADソフトプロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP