• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

ジェネレーティブデザインは進化する、オートデスクが「Dreamcatcher」を発表

Autodesk(オートデスク)は、ユーザーイベント「Autodesk University 2016」(2016年11月15~17日、米国ネバダ州ラスベガス)において、同社が注力している「ジェネレーティブデザイン」の新機能「Dreamcatcher」を発表した。2017年内に市場投入する計画だ。

ジェネレーティブデザインとは、生殖力のある、発生の、生成的ななどの意味を持つジェネレーティブ(Generative)とデザイン(Design)から生み出された言葉である。人手によらず、コンピュータが自己生成的にデザインを生み出す技術として知られている。オートデスクはこれまでに、3D CADツール「Inventor」のジェネレーティブデザイン機能として、トポロジー最適化による「シェイプジェネレーター」などを導入している。

※ 本記事は、製造業技術者向けポータルサイト「MONOist」から転載しています。

Dreamcatcherで何千パターンものいすのデザインを生成

今回発表したDreamcatcherは、解析技術の延長でしかなかったトポロジー最適化よりも、コンピュータが自己生成的にデザインを生み出すというジェネレーティブデザインの方向性をさらに推し進めたものとなっている。

会期初日の基調講演に登壇したCTOのジェフ・コヴァルスキ(Jeff Kowalski)氏は、同社インターン女性によるいすのデザインにDreamcatcherを適用した事例を紹介した。コヴァルスキ氏は「『美しくて快適で、座っている人の重さを支えるのに十分な丈夫さを持ついす』というデザイン目標をDreamcatcherに入力したところ、何千パターンものいすのデザインが生成された。その中には、彼女が思い付かなかったようなデザインもあった。これらのデザイントライアルは数週間で完了できたが、彼女がどれほど優秀であったとしても、従来であればそのような短期間で目標とするデザインを仕上げることはできなかっただろう」と語る。

オートデスクのジェフ・コヴァルスキ氏

「Dreamcatcher」がさまざまなパターンのいすをデザインする様子

インターン女性と「Dreamcatcher」によるいすのデザインの最終結果

さらに一歩踏み込んでいく姿勢を示したオートデスク

基調講演の中では、Dreamcatcherにどのように目標を与えれば、何千パターンものデザインを生成できるのかなど詳細機能については触れられなかった。ただし、ジェネレーティブデザインに注力するオートデスクとして、競合他社のCADツールに採用されつつあるトポロジー最適化機能よりも、さらに一歩踏み込んでいく姿勢を示したことは確かだ。

なお、Dreamcatcherはオートデスク社内のプロジェクトとして開発が進められていたようだ。同社のジェネレーティブデザインの量産採用事例として広く知られている、エアバスのキャビン用パーティション「バイオニック パーティション」の適用技術にも「Project Dreamcatcher」の名前があった。

「Autodesk University 2016」展示会場にあった「バイオニック パーティション」。赤線で示した適用技術として「Project Dreamcatcher」の名前が

※ 本記事は、製造業技術者向けポータルサイト「MONOist」から転載しています。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7819

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部特定CADソフトプロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP