• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

【セミナーレポート】CIM導入ガイドライン土工編をAutodeskソリューションで実践すると…

国土交通省のCIM導入ガイドラインをAutodeskソリューションで実践する方法

国土交通省のサイトでは、CIM導入ガイドライン第1編(共通編)と第2~6編(土工~トンネル編)を公開しています。今回のセミナーでは、第2編の土工編に沿って、Autodeskソリューションでの土木作業手順のデモを交えて解説しました。

この記事を詳しく解説した資料(無料)があります

Autodesk製品はCIM導入ガイドラインのモデルの定義に対応

CIM導入ガイドライン共通編では、CIMモデル6種(線形、土工形状、地形、構造物、地質・土質、広域地形)とそれらのモデルを組み合わせた統合モデル合計7種類が定義されています。各モデルに必要となる情報なども合わせて指定されています。

Autodeskの業界別コレクション、Autodesk Architecture, Engineering & Construction Collection(以下、AECコレクション)には、これらCIMモデルそれぞれに対応する製品が含まれています。つまり、AECコレクション一つで全7種類のモデルを網羅できます。

モデル 対応するAutodesk製品
線形 AutoCAD Civil 3D
土工形状 AutoCAD Civil 3D
地形 Autodesk ReCap Pro、AutoCAD Civil 3D
構造物 Autodesk Revit
地質・土質 AutoCAD Civil 3D
広域地形 Autodesk InfraWorks、Autodesk Navisworks
統合 Autodesk InfraWorks、Autodesk Navisworks

AECコレクションは、CIM導入ガイドラインにおいてどのように役立つのか、具体的な例を見ていきましょう。

土工管理 ~Autodesk ReCap 360 Pro~

IT土工においては、UAVで撮影した写真やレーザースキャナーの測量結果を活用する場面が増えてきました。AECコレクションのAutodesk ReCap 360 Proは、そうした測量データを扱うための製品です。スキャナーや写真から得られたデータから3Dモデルを作成し、ほかのソリューションにも展開するといった、親和性を高めるために活用します。

  • スキャナーで撮影した点群データの高速表示、計測、編集。
  • 写真から高解像度3Dメッシュ、点群、オルソなど作成。

動画で分かるAutodesk ReCap 360 Pro

動画 概要

動画再生

Autodesk ReCap 360で工場内部を再現したウォークスルー動画
Autodesk ReCap 360を使った工場内のウォークスルー動画です。マウスとキーボードの操作だけで、自由に見て回っているように表示できます。工場内の配置を確認しながら、人が作業した場合の作業性の確認などにも役立つでしょう。(20秒)

動画再生

UAVとAutodesk ReCap 360を使った土量管理
UAV(ドローン)を使って空撮し、Autodesk ReCap 360 Proを使って写真から3Dデータに変換するまでを動画でご覧ください。(1分31秒)

道路土工と河川土工 ~AutoCAD Civil 3D~

CIMガイドラインでは、道路土工や河川土工でも測量に基づく点群データや各種設計データを3次元で管理することになります。AutoCAD Civil 3Dは主に土工の現況と設計データを対象とし、橋梁や建物などはAECコレクションに含まれるほかソリューションで作るのが一般的です。

AutoCAD Civil 3D 製品情報

統合モデルの作成 ~Autodesk InfraWorks~

それぞれのソリューションで作られたデータを合わせ、CIMガイドラインの統合モデルを作成するには、Autodesk InfraWorksやAutodesk Navisworksを使用します。特に、Autodesk InfraWorksは設計データから3D景観モデルを容易に作成できるため、複数の設計案の作成やプレゼンに効果を発揮し、関係者の迅速な合意形成を促します。

動画で分かる統合モデルの作成

動画 概要

動画再生

Autodesk InfraWorksで統合モデルを作成
Autodesk InfraWorksは国土地理院のメッシュ標高データ、測量データ、航空写真のほかにも、建物の外周線データ、水域シェイプデータを取り込めます。リアリティの高い現場環境を再現したモデルに、新たな堤防の設計モデルを重ねると計画イメージの完成です。(2分15秒)

オンラインセミナー参加者様の声

今回もたくさんの方に参加いただきました。参加者様からの意見の一部をご紹介します。

  • 動画付きでとても分かりやすい。
  • 今後の業務の変化にとても重要な内容のため、関連している仕事をしている知り合いにも勧めたい。

このセミナーで使用した資料を希望される方へ - 無料資料請求

このセミナーでご紹介した内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

Autodeskソリューションで実践するCIM ~土工編~

主な内容
  • CIM導入ガイドライン CIMモデル
  • オートデスクソリューション活用例土工編(土工管理、河川土工)

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP