• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

3D設計

3D設計における公差の表現方法について
3D設計における公差の表現方法について、明確な答えを持たれている方は少ないと思われます。「公差中心でモデリングすべき」「公差には設計意図が含まれているから今までどおりで変えられない」など賛否両論多くのご意見を頂きますが、何に重点を置き検討すればいいの...
アセンブリってどうやって作っていますか?
お客様からの3DCADに関する意識が「いかにして3DCADを利用していくか」に変わってきています。それは当たり前ですが「根本となるCADデータ(アセンブリや部品)をどうやって作成するか」です。単純そうに見えて奥深いこのCADデータ作成にまつわる話を今...
ナレッジテンプレート設計
「熟練設計者のノウハウをいかに企業資産として残せるか」は数多くの製造業で抱える課題の一つです。「ナレッジ(知識)」という言葉からまず連想されるのは「ナレッジマネジメント」が最も代表的な例になります。CADでも「ナレッジベース」技術が大きなトレンドにな...
「3次元化は苦しい」日本の金型業界の突破口となるか?
円高により各メーカーの海外生産へのシフト、および技術者の海外流出が進み日本国内の空洞化がいわれている中、特に厳しいのが金型業界。今後キーワードとなるのが「金型設計の3次元化」です。高品質・高性能・短納期を実現し、価格勝負ではないプレミア感が今後生き残...
設計の現場でも「見える化」を
「設計段階におけるコスト削減に取り組みたいのですが、技術者の多くは、人に指示されたアイデアや改善点は素直に受け入れない。自分で気づかないと直そうとしてくれない」設計の現場においてもQCDの改善が求められている中で、どれだけの設計者が取り組めているのだ...
3DCADの導入効果
いまや製品の設計・開発に3DCADを使うことは当たり前の時代です。このコラムを読んでいる皆様は3DCADを導入したことで、設計品質や生産性の向上、手戻りの削減など導入当初の目的であった“効果”を感じていますか?イマイチ導入効果を感じられていない…と思...
個別受注型装置業において3DCADは向いていない?
組立製造業においては、設計ツールとして3DCADを採用しているか否かは二分されています。ただ、どの企業も3DCADを試験的に導入したり、CADを扱うベンダーより情報を入手され導入検討の経験はあるのではないでしょうか?
3D拘束を利用した3D設計手法の考え方
先日、とある雑誌を読んでいるときでした。「360°自由自在に回るハンドルはなんのため?」という一文が目に飛び込んできました。その瞬間、私は雑誌に吸い込まれていきました。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

ソリューション コラム

ソリューション コラムの最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP