• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

解析

設計者CAEでつまずく理由
いざ、CAEを導入してみたものの、うまく立ち上がらないケースも散見されます。現状は操作が難しくてギブアップしているわけではなく、評価方法が分からずに使いこなせないことが多いようです。解析をうまく使うためのコツ、システム化とは?
設計者による樹脂流動解析活用法を見直そう
「樹脂流動解析成形メーカーや金型屋さんに任せています」という企業は多いのではないでしょうか? 構造解析と比較して樹脂流動解析はまだまだ設計者への普及が進んでいません。今回は樹脂流動解析を身近にする活用方法についてご紹介します。
CAEを上手に使うコツはバランス感覚にあり!?
弊社でも設計者向けCAEを「デザインCAE」と名付け、設計者のCAE活用をお手伝いしてきましたが、導入後、短期間で効果を出しているお客様にはある共通した傾向が見受けられるようです。それは「精度」と「スピード」のバランス感覚がとても優れているということです。
設計者による熱流体解析はどこまで可能か?
「半導体パッケージやLEDなどの発熱する電子部品をより正確に解析に取り入れ計算精度を高めたい」「積層を考慮したプリント基板の熱伝導率を解析に取り入れたい」など高度な解析の要望をどのような機能で実現できるかご紹介します。
解析職人!?
製造現場で実際にものづくりをしている方々の中には、製造過程のさまざまな現象について熟知し、積み重ねた経験や職人的な勘をお持ちの方がいらっしゃいます。誰もが「解析職人」的な解析を可能にできるよう、そして何より客さまの力に少しでもなれるよう、私も技術を磨...
照明解析
LEDを発光体として取り扱うシステムの照明解析について、多くのお問い合わせを頂きます。照明解析では、いかに効率良く少ない光線追跡で精度の良い結果を得られるかが重要です。大塚商会では、多くの照明解析ソフトを取り扱っており、解析目的にマッチングする最適...
3Dデータの活用方法について機構解析していますか?
機構解析は、動作アニメーションの作成に始まり、必要な駆動力を求めたり、駆動部の反力の算出、適切なバネ剛性の判断、動的干渉チェックなどが行え、設計者にとって非常にメリットの多い計算ツールです。最近では、メジャーな3次元CADには機構解析の基本機能が統合...

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

ソリューション コラム

ソリューション コラムの最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP