AutoCADで知っておくと便利なコマンド&ショートカットキー

2019.3.5

  • 共通

AutoCADはさまざまなショートカットやコマンドに対応しています。この機能を利用して作図工数を大幅に低減できることは、AutoCADを導入するメリットの一つです。

今回は、AutoCADで使用できる便利なショートカットとコマンドをご紹介します。

コマンドウィンドウの開き方

AutoCADでのコマンドウィンドウの開き方は三通りあります。

  1. 【表示】タブ→【パレット】パネル→【コマンドライン】をクリック
  2. キーボードの【Ctrl】+【9】
  3. コマンドプロンプトにて「COMMANDLINE」または「COMMANDLINEHIDE」と入力

ショートカットキー:作図

AutoCADでは、キーボードによるショートカットでさまざまなコマンドを実行できます。多くのショートカットキーはWindows OSやiOSのショートカットキーと共通しているため、直感的な操作が可能です。

作図中に使用できる便利なショートカットキーについてご紹介します。

ショートカットキー 内容
Ctrl+C 選択中のオブジェクトをコピーします
Ctrl+X 選択中のオブジェクトを切り取ります
Ctrl+V コピーもしくは切り取ったオブジェクトを貼り付けます
Ctrl+Shift+C 基点を指定してオブジェクトをコピーします
Ctrl+Shift+V コピーもしくは切り取ったオブジェクトをブロックとして貼り付けます
Ctrl+Z 直前の操作を元に戻します
Ctrl+Y 直前の操作をやり直します
Ctrl+[ 現在のコマンドをキャンセルします
ESC 現在のコマンドをキャンセルします

ショートカットキー:図面

続いて、図面上で使用できる便利なショートカットキーについてご紹介します。

ショートカットキー 内容
Ctrl+N 新規図面を作成します
Ctrl+S 現在開いている図面を保存します
Ctrl+O 保存済みの図面を開きます
Ctrl+P 現在開いている図面を印刷します
Ctrl+Tab 次の図面に切り替えます
Ctrl+Shift+Tab 前の図面に切り替えます
Ctrl+PageUp 現在開いている図面の前のタブに切り替えます
Ctrl+PageDown 現在開いている図面の次のタブに切り替えます
Ctrl+Q AutoCADを終了します
Ctrl+A 図面上の全てのオブジェクトを選択します

AutoCADのコマンド:作図

AutoCADでは、各種コマンドを用いることで作図を効率化することができます。作図中に実行できる便利なコマンドについてご紹介します。

コマンド 内容
L 直線のセグメントを作成します
PL 2Dポリラインを作成します
C 円を作成します
A 円弧を作成します
REC 長方形のポリラインを作成します
H 囲まれた領域もしくは選択中のオブジェクトをハッチングします。
単一色やグラデーションでの塗りつぶしも可能です

AutoCADのコマンド:修正

AutoCADでは、作図したオブジェクトを修正する際もコマンドにて作業を効率化することができます。オブジェクトの修正の際に実行できる便利なコマンドについてご紹介します。

コマンド 内容
CHA 選択中のオブジェクトの角を斜めに切断します
F 選択中のオブジェクトのエッジを丸めます
E 選択中のオブジェクトを削除します
CO 選択中のオブジェクトを指定方向・指定距離に複写します
AR 選択中のオブジェクトを複数個複写し、パターン配列を行います
M 選択中のオブジェクトを指定方向・指定距離に移動します
MI 選択中のオブジェクトを鏡像コピーします
RO 選択中のオブジェクトを回転させます
S 選択中のオブジェクトをストレッチします
TR 選択中のオブジェクトに対し、ほかのオブジェクトとぶつかる位置でトリムします
O 選択中のオブジェクトに対して同心円、平行な線、平行な曲線を作成します
X 選択中の複合オブジェクトを構成要素単位まで分解します
EX 選択中のオブジェクトをほかのオブジェクトのエッジとぶつかるまで延長します
J 選択中の複数のオブジェクトを、単一の離れていないオブジェクトに変換します
RE 現在のビューポートの図面全体を再作図します

業務効率化の範囲

今回ご紹介したショートカットやコマンドを駆使することで、作図における時間のロスを防ぎ業務効率を向上させることができます。

しかしながら、設計リードタイムの全体を見ると、2D CADだけで削減できる工数に限界があるのもまた事実です。ショートカットやコマンドの利用だけでは補えない業務については、3D CADを導入するのも一つの手といえるでしょう。

3D CADを導入することでさらなる工数削減に

2D CADとは異なる設計を可能とする3D CAD。この3D CADを導入することで、各設計段階における工数をさらに削減できる可能性もあります。

例えば、製品の完成形を立体図としてコンピューター上で作成することが可能になるなど、2D CADにはないメリットがあります。

3D CADのメリット

  • 部品干渉や設計上の不具合を発見しやすい
  • 製品の質量や重心を瞬時に計算できる
  • お客様や関連部署とのやりとりが円滑になる

3D CADの導入を検討する際は、2D CADからでも移行しやすいAutodeskの導入がお薦めです。

Autodesk製品のことなら大塚商会にご相談ください

大塚商会は、Autodesk製品におけるアジア地域No.1のリセラーとしての豊富なノウハウを持っています。
単なる製品導入だけではなく、業界・目的に応じた最適な製品の選定から活用までを徹底支援します。

WEBからのお問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

お電話からのお問い合わせ

CADソリューショングループ

03-3514-7974

営業時間 9:00 ~ 17:30(土日休業日を除く)

PAGE TOP