BIMナビ

  1. HOME
  2. BIMとは?

お問い合わせ

BIMに関する技術的な質問から、BIM関連製品の価格・資料請求までお気軽にお問い合わせ下さい。

BIM導入のハードルを大きく下げる方法があります! BIM on VDI

従来の3DCADとの違いや普及率などを解説しますBIMとは?

BIMとは、Building Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)の略称です。コンピューター上に現実と同じ建物の立体モデル(BIMモデル)を再現して、よりよい建物づくりに活用していく仕組みです。

BIMモデルは、オブジェクトの集合体であるため、建材パーツには幅や奥行き、高さに加え、素材や組み立てる工程(時間)なども盛り込め、図面以外の多くのデータを引き出せます。構造体の入力、設備機器も再現可能です。設備機器には品番、メーカー、価格なども詳しく入れられるため、メンテナンスや資材管理にも使えます。

数年前より、世界主要市場でのBIM使用状況や導入効果について調査したレポートも発表されており、日本の技術向上のため、導入される企業も多くなってきています。

つまり、BIMとは、BIMツールで3次元モデルを作成し、設計から施工、維持管理に至るまでの建築ライフサイクル全体で蓄積された情報を活用し、業務効率化や建築デザインのイノベーションを起こす画期的なワークフローです。

BIMと建築設計

BIMモデルは、一つのモデルを構成する全てのデータが連動します。修正を行えば、平面図、立面図、断面図、屋根伏図、パース、面積表、数量表など全てが自動修正され、手戻りに費やす時間を圧倒的に削減できます。

線だけで書かれた図面からでは、毎日設計図面に触れることのない方でなければ、建物の完成予想がイメージできません。設計の段階から完成イメージを共有できることで、早期の合意形成だけでなく、関係部門と円滑に共通認識を保てます。

従来の3DCADとの違い

これまでの3次元モデルは、2次元の図面を作ってから3次元の形状を組み立て、CGでシミュレーションするという流れが主流でした。修正が入ってしまうと関連する2次元の図面を全て修正してから、やり直す必要があり、大変手間がかかっていました。

BIMモデルは、BIM対応の3次元CADで作成します。最初から3次元で設計し、3次元から2次元図面を切り出して作成することで、モデルの編集に追従した設計図書の管理が可能です。BIMモデルを部分的に修正しても、関係する部分は全て自動反映され、図面間の整合性を常に保てます。

BIMの普及率

2016年5月末に日刊建設通信新聞社により、建築設計事務所21社、ゼネコン29社、設備工事会社11社の計61社を対象に、BIMの導入・活用状況を調査した興味深い結果が報告されています。

BIMの普及を裏付けるように、8割超の企業が実績を積み、社を挙げて水平展開する推進組織を6割強の企業が設置している状況となっています。導入実績、推進体制、人材・教育、プロジェクトの視点から調査された要約は次とおりです(出展:建設通信新聞2016年5月31日 BIM特集号)。

年100件が複数社:実績(導入実績)

調査対象が大手・準大手企業を中心にしていることも関係しているようではあるが、全体の86.9%(パーセント)がBIMに取り組まれている状況。ゼネコンでは、複数社で年間100件以上の導入実績があり、設計事務所でも年間100件に達する計画の事務所がある。

平均人数は18人:組織(推進体制)

社内にBIMの推進組織を置くのは、全体の63.9%に達している。設計事務所、ゼネコンは高いが、設備工事会社は自ら自主的に導入するケースが少ないためか、27.3%にとどまっている。設計事務所とゼネコンの組織の平均人数は18人と、社を挙げて水平展開しようとしている狙いが見うけられる。また、現在未設置の企業でも、BIM導入件数の増加に合わせて、横断的な組織設置を検討しているようである。

8割が実施・検討:教育(人材・教育)

BIMの導入拡大を背景に、企業の人材確保や教育面の対応も強まっている。BIMに関連した社内教育を実施しているのは全体の63.9%、検討・計画中の企業も16.4%に達し、合わせると8割を超える状況となっている。新人教育に取り入れられるケースも増えているようで、背景には、設計事務所とゼネコンでは、7割程度がBIMオペレーターの不足を感じている状況がある

海外実績は27%に:プロジェクト(海外)

民間では45.9%、官公庁では31.1%の企業が、BIM導入が増加傾向にあると感じている。設備工事会社では、民間工事の元請け企業からBIMの対応を求められるケースがあると回答したのは、72.7%に達しており、ゼネコン各社のBIM導入が推進されている状況の裏返しとなっている。

また、海外案件でBIMに取り組まれているのは全体の27.9%。海外戦略の手法として、BIMを位置付ける傾向も強まってきている。

BIMの導入とソフトウェア

BIMモデルは、属性情報と呼ばれる数量、仕様、色などの活用可能な情報を持ち、関連ソフトウェア(BIMツール)で利用できます。BIM対応3次元CADで作成したBIMモデルなら、設計段階からさまざまな形でシミュレーションできます。

次のように、用途に応じた代表的なソフトウェア(ツール)が用意されています。

製品 概要
Autodesk Revit Autodesk Revitは3次元モデルを作成し、そこから平・立・断面図や仕上・求積・建具表といった建築図書を作成していきます。集計機能を利用して、法規チェックや数量集計などにも活用できます。BIMの概念に基づいて開発されたBIM対応建築3次元CADで、日本国内のみならず、海外でもポピュラーなソフトウェアです
ArchiCAD ArchiCADは企画設計の段階から3次元でデザインを検討し、基本設計・実施設計までをカバーするBIM対応建築3次元CADです。デザインの自由度を高める機能はもとより、確認申請を支援する実務的な機能も充実。スピード・自由度・クオリティを兼ね備え、設計者を強力にバックアップします
Rebro Rebroは3次元設備モデルが作成できるため、平・断面が常に連動しており、1カ所に加えられた修正は瞬時に関連データに反映されます。また、BIM総合図からは必要に応じて、スリーブ図、見積図、2次元設計図、施工図など図面情報を取り出せます

仮想の建物データを活用していこう! それがBIM

「3次元CADは使ってるよ、パースでしょ!」
いえいえ、BIMはこれまでの建築3Dとはちょっと違うといったところが少し理解できましたでしょうか?

これまで設計はまず2次元で行って、そこから3次元を立ち上げる利用が多くありました。BIMでは、3次元の形だけではなく、その形が壁なのか建具なのか、その壁はどんな構造なのか、といった情報まで持っているのです。(形状情報と属性情報)設計が完成すれば、仮想の建物も完成します。この仮想の建物データをいろいろな場面で活用していこうという動きが既に始まっています!

BIM対応3次元CADの使い方が分かる 無料資料プレゼント

Autodesk Revitの基本的な使い方が分かる資料を無料でプレゼントしています。

ページトップに戻る