サブスクリプション購入の前に押さえておきたい「ライセンス形態」

2018.1.12

  • 共通

お得にサブスクリプションを購入するために、シングルユーザーとマルチユーザー、二つのライセンス形態があることを押さえておきましょう。

シングルユーザーとは

シングルユーザーとは、使用するユーザー(指名ユーザー)にライセンスを割り当てる形式です。例えば、AutoCADを1ライセンス購入した場合、一人のユーザーが複数のPCにAutoCADをインストールしてご利用いただけます。ただし、指名ユーザー以外が使用することはできません。

指名ユーザー分のライセンスを購入し、複数のデバイスにインストール可能

シングルユーザーの注意点
指名ユーザーごとにAutodesk IDが必要(設定にはメールアドレスが必要となり、Autodeskアカウントのログイン時にIDを利用)。
指名ユーザーはソフトの初回起動時およびその後30日ごとのライセンス認証時に、インターネットへの接続が必要。インターネット接続が切断された状態で23日間使用すると、インターネット接続を促すアラートが表示される。

マルチユーザーとは

マルチユーザーとは、ライセンスサーバーを立てて、起動数を管理する形式です。ネットワーク上のクライアントPCにライセンスを配布することで、複数のクライアントPCをサポートできます。複数のユーザーが必要なときだけソフトウェアを利用するケースに適しています。

使用中のライセンス数が5本を超えなければ利用可能

マルチユーザーの注意点
インストール数はライセンス数を上回ることが可能だが、同時起動できる数はライセンス数と同一。

ライセンス形態の効果的な選び方

「シングルとマルチユーザーライセンス、どちらをどのように選べばよいか?」という質問にお答えします。

事務所内で不特定多数のユーザーがCADを使用する場合は、「マルチユーザー」
おのおののクライアントマシンにソフトをインストールしておけば、1台のPCを複数のユーザーで共有してもライセンス許諾違反にはなりません。また、ユーザーの指定が必要ないため、ユーザー一人一人に電子メールアドレスがない場合でも、同時使用数が所有ライセンス数を超えない限り、自由に使用できます。
インターネットセキュリティが厳しい環境の場合は、「マルチユーザー」
ライセンスファイルの受け取りは電子メールでのやりとりが生じますが、マルチユーザーライセンスのアクティベーション自体はオンラインである必要はありません。オフラインでソフトのセットアップが可能です。
現場や出張先でCADを使用することが多い場合は、「シングルユーザー」
シングルユーザーライセンスの場合、使用者を固定する一方で、1ライセンスで複数のデバイスにソフトウェアをインストールすることができます。例えば、事務所内ではデスクトップPCで主にCADを使い、出張時のみノートPCを持っていく場合、シングルユーザーライセンスを1本取得するだけで、両方のPCにあらかじめソフトをインストールできます。事前に申請や特別な作業なども必要なく、いつでもノートPCを持って現場に向かえます。

Autodesk製品のことなら大塚商会にご相談ください

大塚商会は、Autodesk製品におけるアジア地域NO.1のリセラーとしての豊富なノウハウを持っています。
単なる製品導入だけではなく、業界・目的に応じた最適な製品の選定から活用までを徹底支援します。

WEBからのお問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

お電話からのお問い合わせ

CADソリューショングループ

03-3514-7974

営業時間 9:00 ~ 17:30(土日休業日を除く)

大塚商会が選ばれる6つの理由

  • 理由1

    高いレベルの顧客満足度を提供できる
    Autodesk プラチナ認定パートナー

  • 理由2

    「Top Reseller in SubscriberGrowth - APAC」
    受賞によるアジア地域でNo.1リセラーの安心感

  • 理由3

    多くのスペシャリストを抱える
    サポートスペシャライゼーション認定パートナー

  • 理由4

    Autodesk製品スクールで圧倒的No.1受講者数
    が評価され「FY17 JAPAN ATC AWARD -
    EVALUATION-」を受賞

  • 理由5

    単なるCAD製品販売だけで終わらない
    お客様目線での課題解決提案

  • 理由6

    離れていてもお客様に寄り添う、
    オンラインを活用した圧倒的なサポート体制

PAGE TOP