3次元CADの導入前に。オンラインデモで不安、疑問を解決!

2018.1.24

  • 共通

「取引会社からの要望で、うちも3D CADにシフトしないと…」というご相談をよく頂きます。3D CADにした場合のメリットが分からないので、どうやって展開していけばよいのかイメージし難いようです。今回は、よく頂く質問とあわせて3D CADのメリットをご紹介します。

大塚商会のオンラインデモで、よく頂くご質問

  • 2D CADで設計していた図面がたくさんあるけれど、流用できるの? できれば過去の資産を有効活用したい。

  • 3次元モデルを作成するためには、2次元の断面形状が必要です。2次元の断面形状に厚みをつけたり、回転したりしながら、立体形状を作成していきます。

    Autodesk Inventorでは、2次元の断面形状としてdwgやdxfファイルを直接取り込めますので、2D CADで作成した図形に厚みを加えて、3次元モデルにすることができます。

  • 3Dで設計すると操作が重くなって時間がかかるのでは?

  • Autodesk Inventorの中では、取り込んだ2次元図形は一つの部品として管理されるため、2次元形状のままで3次元のアセンブリモデルに組み合わせ、動きを確認できます。2次元形状のまま機構の確認ができるので、操作も重くなりません。

  • 図面をなくせないため、図面を作ると二度手間になるんじゃないの?

  • 3Dモデルを元に図面化できます。3Dモデルを修正すると、図面の形状も修正されますし、図面側で寸法を修正すると3Dモデルも修正されます。3Dモデルを使用して設計作業を行っていただく、付随して図面も作成できるので二度手間になりません。

  • 3Dモデルを作るのは労力がかかりすぎるのではないか?

  • 3次元モデルがあることで、分解表示も簡単に作れますし、資料作成時にも挿し絵としてご使用いただけます。アニメーションで組み立て手順のイメージを作成できますので、組み立て指示書として使用したり、レンダリングしたイメージを作成し、まだ完成していない製品の紹介ツールとしてご活用いただけます。作成した3次元モデルがあれば、後工程でもそのまま活用できますので、結果として大きなコストダウンにつながります。

  • うちは受注生産だから、毎回3Dモデルを作っていられない。

  • 部品単位やモジュール単位で3Dモデルを作成できるので、一から全てを作成する必要はありません。類似したパーツやモジュールを流用し、組み合わせて生産することで、効率化が図れます。部品やモジュールを管理するための管理ツールも用意されています。

  • オートデスクコンシェルジュセンターでは、お客様のご要望に応じて、オンライン環境(リモートツール)を使ってデモが可能です。一連の操作を見てみたい! こんなことはできるの? などございましたら、お気軽にお申し込みください。

オンラインデモデーのご案内

Autodesk製品のことなら大塚商会にご相談ください

大塚商会は、Autodesk製品におけるアジア地域NO.1のリセラーとしての豊富なノウハウを持っています。
単なる製品導入だけではなく、業界・目的に応じた最適な製品の選定から活用までを徹底支援します。

WEBからのお問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

お電話からのお問い合わせ

CADソリューショングループ

03-3514-7974

営業時間 9:00 ~ 17:30(土日休業日を除く)

大塚商会が選ばれる6つの理由

  • 理由1

    高いレベルの顧客満足度を提供できる
    Autodesk プラチナ認定パートナー

  • 理由2

    「Top Reseller in SubscriberGrowth - APAC」
    受賞によるアジア地域でNo.1リセラーの安心感

  • 理由3

    多くのスペシャリストを抱える
    サポートスペシャライゼーション認定パートナー

  • 理由4

    Autodesk製品スクールで圧倒的No.1受講者数
    が評価され「FY17 JAPAN ATC AWARD -
    EVALUATION-」を受賞

  • 理由5

    単なるCAD製品販売だけで終わらない
    お客様目線での課題解決提案

  • 理由6

    離れていてもお客様に寄り添う、
    オンラインを活用した圧倒的なサポート体制

PAGE TOP