Autodesk Inventor便利テクニック塾 ~3D PDFでエクスポートする方法~

2020.1.23

  • 製造業

3D PDFデータは無償のAdobe Acrobat Readerで手軽に開け、Acrobat側で拡大・縮小・回転・モデルの表示非表示の切り替え、計測ツールを使用した長さの計測などを行えます。

3D PDFへのエクスポート機能はInventor 2017より搭載されました。本ページではInventor 2017を使用し、一般的な操作手順をご紹介します。

操作方法

1.書き出し対象のモデルデータを開きます

2.「ファイル」メニュー → 「書き出し」 → 「3D PDF」を選択します。

3.書き出し画面が表示されますので「テンプレート」の右側にある「・・・」ボタンをクリックします。

4.テンプレート選択画面で「Blank.pdf」を指定します。

5.書き出し画面の下側に表示される「ファイルの出力先」で3D PDFの保存先・ファイル名を指定します。

6.「パブリッシュ」ボタンをクリックします。以上の操作で3D PDFが作成されます。

なお、Acrobatで3D PDFを表示する際には設定を有効にする必要があります。
「編集」メニュー → 「環境設定」 → 「3Dとマルチメディア」 → 「3Dコンテンツの再生を有効にする」

以上の操作手順ではご紹介していませんが、書き出し時の設定にてInventorプロパティをPDFに反映させる・させない、InventorのビューリプレゼンテーションをPDFに取り込む・取り込まないの設定や、テンプレート指定によるPDFの書式変更なども可能です。

大塚商会では、InventorのFAQを1,300件以上公開しています

大塚商会のお客様マイページ「よくあるご質問FAQ」では、日々コンタクトセンタースタッフが対応し、蓄積した情報を無料でご提供しています。

大塚商会 よくあるご質問(FAQ)

Inventor操作のお困りごとはCADサポートサービスをご利用ください

今回ご紹介した以外の操作方法は「大塚商会 お客様マイページ」で無料ID登録をするとご覧いただけます(AIを使ったチャットボットサービスでもお調べいただけます)。

お客様マイページ ご利用ガイド

ただし、全ての操作方法をご覧になるにはCADサポートメニューのご契約が必要です。ご興味のあるお客様は、CADサポートサービスご案内資料をご確認ください。

大塚商会CADサポートサービスのご案内

Autodesk製品のことなら大塚商会にご相談ください

大塚商会は、Autodesk製品におけるアジア地域No.1のリセラーとしての豊富なノウハウを持っています。
単なる製品導入だけではなく、業界・目的に応じた最適な製品の選定から活用までを徹底支援します。

WEBからのお問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

お電話からのお問い合わせ

CADソリューショングループ

03-3514-7974

営業時間 9:00 ~ 17:30(土日休業日を除く)

PAGE TOP