Light版(2021対応)無料ダウンロード開始!

生活産業研究所株式会社様より、アドインシステム ADS-BT for Revit 2021対応版 Ver10がリリースされました。リリースを記念して、CAD JapanではLight版の無料ダウンロードを開始します。

ADS-BT Light for Revit2021 ダウンロードお申し込み

ADS-BT for Revitを使用するメリット

Revitアドインシステム ADS-BT for Revit はAutodesk Revit上で、斜線・逆日影計算や日影計算、天空率計算が可能です。

ADS-BT for Revitは2011年のファーストバージョンより多くの設計者のご意見・要望を頂き、より実務に沿った操作性・機能を強化してきました。

  • 天空率の算定においては、ケースによっては複雑な設定が必要であった部分も「簡易設定機能」を設け、「JCBA方式」や「東京方式」を選択するだけで自動化されるように。
  • 2021対応版からの新機能「幅員が一定でない道路(異幅道路)」や「複数の地盤面がある場合」もJCBA方式に則した自動設定も実現。天空率算定の結果を求めるまでの時間が大幅に短縮され、設計業務をより効率的に行えます。

無料Light版ではRevit上で斜線制限の鳥籠図でのチェック、日影規制ライン上での規制ラインチェック、天空率計算の簡易チェック機能を搭載しています。

ADS-BT for Revit をご利用中の方へ

この度のADS-BT for Revit 2021対応版 Ver10リリースにより、ADS-BT for Revitの操作サポート対象バージョンは、Revit 2018以上となります。それ以前の対応バージョンをご利用の方はバージョンアップをご検討ください。

ナビゲーションメニュー