Autodesk Inventorが重くて困っています

2018.5.25

  • 製造業

  • Autodesk Inventorの起動が遅い。
  • 保存に時間がかかり、「ドキュメントの保存中に問題が発生しました」と出ると切なくなる…。

Autodesk Inventor(以下、Inventor)の動作が重いと感じることはあるかと思います。そこで、Inventorでの設計操作は、ワークステーションのどの部分にどのくらいの負荷がかかっているのかを操作別に集計しました。ワークステーションの選定時に、ぜひこのレポートをご利用ください。

検証したワークステーション

今回の検証には、バリエーションの異なる3台のワークステーションを使用しました。

HP Z4 G4 Workstation

HP Z4 G4 Workstation

HP Z2 Mini G3 Workstation

  マシン1
HP Z4 G4 Workstation
マシン2
HP Z4 G4 Workstation
マシン3
HP Z2 Mini G3 Workstation
CPU Intel Xeon W-2155 3.30GHz 10コア Intel Xeon W-2133 3.60GHz 4コア Intel Xeon E3-1225v5 3.30GHz 4コア
メモリー 32GB 32GB 16GB
グラフィックス NVIDIA Quadro P4000 NVIDIA Quadro P4000 NVIDIA Quadro M620
記憶装置 SATA HDD SATA HDD SATA SSD + SATA HDD

Inventorの起動

マシン1が若干起動が速い結果となった。SSDを搭載しているマシン3よりもSATA HDD搭載のマシン1が速い点とマシン2との違いがCPUのコア数ということを考えると、CPUのコア数がInventorの起動に影響していると考えられる。

Inventor ファイルを開く

この処理は、CPUのコア数とディスクI/Oに負荷がかかっている。HDDを搭載しているマシンよりも、SSDを搭載しているマシン3が1番速い結果となった。CPUのコア数が多いマシン1がマシン2よりも処理が速い。メモリーの違いによる差はあまりなかった。

Inventor 干渉チェック

干渉チェックの処理は、CPUのコア数とディスクI/Oに負荷がかかっていると考えられる。CPUのコア数が多いマシン1とSSDを搭載しているマシン3はほぼ同じ処理速度となった。

Inventor Studioによるレンダリング

レンダリング処理はCPUのコア数とグラフィックスに負荷がかかっている。同じZ4 G4でもCPUのコア数が多いマシン1が圧倒的に速い結果となった。

図面に3面図と等角投影図を配置

この処理はディスクI/Oに負荷がかかっている。SSDを搭載しているマシン3が若干だが、速い結果となった。

表示方向の変更(マクロを使い、10回転させる)

この処理はグラフィックスに負荷がかかると考えられるが、ミドルクラスのP4000でもエントリクラスのM620でもほとんど差を見ることはできなかった。

Inventor 動作検証レポートまとめ

CPU
レンダリングがメインでなければ、4コアでよりクロックの高いモデルがよい。
メモリー
扱うデータの規模にもよるが、16~32GBほどあれば充分といえる。
グラフィックス
ハイエンドモデルを選択してもそれほど大きな恩恵はなさそうだ。ミッドレンジクラスのQuadroまでで充分と言える。
ディスク
起動、処理などディスクI/Oに負荷がかかることから、SSDを搭載すると全体的にパフォーマンスが向上する。

Autodesk製品のことなら大塚商会にご相談ください

大塚商会は、Autodesk製品におけるアジア地域NO.1のリセラーとしての豊富なノウハウを持っています。
単なる製品導入だけではなく、業界・目的に応じた最適な製品の選定から活用までを徹底支援します。

WEBからのお問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

お電話からのお問い合わせ

CADソリューショングループ

03-3514-7974

営業時間 9:00 ~ 17:30(土日休業日を除く)

大塚商会が選ばれる6つの理由

  • 理由1

    高いレベルの顧客満足度を提供できる
    Autodesk プラチナ認定パートナー

  • 理由2

    「Top Reseller in SubscriberGrowth - APAC」
    受賞によるアジア地域でNo.1リセラーの安心感

  • 理由3

    多くのスペシャリストを抱える
    サポートスペシャライゼーション認定パートナー

  • 理由4

    Autodesk製品スクールで圧倒的No.1受講者数
    が評価され「FY17 JAPAN ATC AWARD -
    EVALUATION-」を受賞

  • 理由5

    単なるCAD製品販売だけで終わらない
    お客様目線での課題解決提案

  • 理由6

    離れていてもお客様に寄り添う、
    オンラインを活用した圧倒的なサポート体制

PAGE TOP