【操作解説】Revit 複数レベルにわたる階段を作成したい(任意の踊り場形状の場合)

2018.12.5

  • 建設業

このページでは、「Revit 階段」に関する使用方法や操作手順を解説しており、次のようなお困りごとを解決できます。

  • 複数レベルにわたる階段をレベルで分断せずに作成したい。
  • 踊り場の形状は自動で作成される矩形ではなく、任意の形状で作成したい。

操作方法

コンポーネントによる階段にて作成すると、一つの階段として作成できます。

踊り場はスケッチモードで作成します。あらかじめ、参照面などで踊り場の形状となる外形を作成しておくと作成しやすくなります。

1.[建築]タブ→[階段]パネル→[階段]→[コンポーネントによる階段]をクリックします。

2. プロパティパレットにて、作成したい階段のタイプを選択します。

3.[コンポーネント]パネル→[踏面]→[直線]を選択します。

4. 直行階段を踊り場まで作成します。作成した参照面に合わせて、オプションバー→位置基準を変更すると便利です。

5. 踊り場を作成します。[コンポーネント]パネル→[踊り場]→[スケッチを作成]をクリックします。

6. スケッチモードになりますので、踊り場の形状を作成します。

7.[モード]パネル→[編集モードを終了]をクリックします。

8. 踊り場を挟んで、反対側の直行階段を作成します。[コンポーネント]パネル→[踏面]→[直線]を選択します。

9. 1レベル分の階段が作成されました。次のレベルの踊り場を作成します。5.→6.→7.を繰り返します。

10. 次のレベルへの階段をそのまま作成していきます。[コンポーネント]パネル→[踏面]→[直線]を選択します。

11. 4.で作成した階段と同じ位置に、再度直行階段を作成します。

以降、必要な踊り場と直行階段を作成していきます。

12.[モード]パネル→[編集を終了]をクリックします(手すりが重なっている場合は、警告が出ますが、無視できます)。

13. 完成です。

Revit操作のお困りごとはCADサポートサービスをご利用ください

今回ご紹介した以外の操作方法は「大塚商会 お客様マイページ」で無料ID登録をするとご覧いただけます(AIを使ったチャットボットサービスでもお調べいただけます)。

お客様マイページ ご利用ガイド

ただし、全ての操作方法をご覧になるにはCADサポートメニューのご契約が必要です。ご興味のあるお客様は、CADサポートサービスご案内資料をご確認ください。

大塚商会CADサポートサービスのご案内

Autodesk製品のことなら大塚商会にご相談ください

大塚商会は、Autodesk製品におけるアジア地域NO.1のリセラーとしての豊富なノウハウを持っています。
単なる製品導入だけではなく、業界・目的に応じた最適な製品の選定から活用までを徹底支援します。

WEBからのお問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

お電話からのお問い合わせ

CADソリューショングループ

03-3514-7974

営業時間 9:00 ~ 17:30(土日休業日を除く)

大塚商会が選ばれる6つの理由

  • 理由1

    高いレベルの顧客満足度を提供できる
    Autodesk プラチナ認定パートナー

  • 理由2

    「Top Reseller in SubscriberGrowth - APAC」
    受賞によるアジア地域でNo.1リセラーの安心感

  • 理由3

    多くのスペシャリストを抱える
    サポートスペシャライゼーション認定パートナー

  • 理由4

    Autodesk製品スクールで圧倒的No.1受講者数
    が評価され「FY17 JAPAN ATC AWARD -
    EVALUATION-」を受賞

  • 理由5

    単なるCAD製品販売だけで終わらない
    お客様目線での課題解決提案

  • 理由6

    離れていてもお客様に寄り添う、
    オンラインを活用した圧倒的なサポート体制

PAGE TOP