Autodesk Inventor便利テクニック塾 ~スケッチをチェックする方法(Sketch Doctorの使用方法)~

2019.9.11

  • 製造業

押し出しや回転フィーチャのプロファイルとしてスケッチを選択できない場合、Sketch Doctorの機能を使用するとスケッチに問題がないかチェックを行えます。

スケッチチェックの方法は二通りありますが、どちらかの方法でSketch Doctorを実行し、スケッチに問題がないかご確認いただけます。

該当のスケッチに入り、Sketch Doctorを実行する

1.スケッチ環境に入ります(スケッチ作成・編集時も同様)。

2.スケッチを全て選択し、右クリックから[Design Doctor]を実行します。

3.Sketch Doctorダイアログが表示されます。[スケッチを診断]ボタンをクリックすると、スケッチを診断ダイアログが表示されます。 ここではどのような問題について診断するのか選択しますので、通常は全てにチェックが入った状態でOKをクリックします。

4.診断の結果が表示されます。[次へ]をクリックすると選択されている問題点の説明を確認できます。

5.[次へ]をクリックするとどのように修復するか選択肢が表示されます。 クリックして選択後に[終了]をクリックすると選択した操作を進められます。表示される選択肢は状況によって異なります。

フィーチャ作成コマンド実行中にSketch Doctorを実行

1.フィーチャ作成コマンド実行時に表示されるダイアログから[プロファイルの問題を調査]アイコンをクリックします。

2.Sketch Doctorが起動し、問題点に対する説明が表示され、問題点がグラフィック領域でハイライト表示されます。

緑色で表示されている点が開いている(オープンループ)ことを示す

3.[該当のスケッチに入り、Sketch Doctorを実行する]と、上記5以降と同じ画面が表示されます。

大塚商会では、InventorのFAQを1,300件以上公開しています

大塚商会のお客様マイページ「よくあるご質問FAQ」では、日々コンタクトセンタースタッフが対応し、蓄積した情報を無料でご提供しています。

大塚商会 よくあるご質問(FAQ)

Inventor操作のお困りごとはCADサポートサービスをご利用ください

今回ご紹介した以外の操作方法は「大塚商会 お客様マイページ」で無料ID登録をするとご覧いただけます(AIを使ったチャットボットサービスでもお調べいただけます)。

お客様マイページ ご利用ガイド

ただし、全ての操作方法をご覧になるにはCADサポートメニューのご契約が必要です。ご興味のあるお客様は、CADサポートサービスご案内資料をご確認ください。

大塚商会CADサポートサービスのご案内

Autodesk製品のことなら大塚商会にご相談ください

大塚商会は、Autodesk製品におけるアジア地域No.1のリセラーとしての豊富なノウハウを持っています。
単なる製品導入だけではなく、業界・目的に応じた最適な製品の選定から活用までを徹底支援します。

WEBからのお問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

お電話からのお問い合わせ

CADソリューショングループ

03-3514-7974

営業時間 9:00 ~ 17:30(土日休業日を除く)

PAGE TOP