Autodesk Inventor便利テクニック塾 ~ソリッド形状をスイープした際の軌跡をモデル作成に活用する方法(2020新機能)~

2019.10.10

  • 製造業

Autodesk Inventor 2019以前のバージョンでは、ソリッド形状をスイープする機能がなかったため軌跡をモデル化したり、エンドミル加工の結果をモデル化したりすることが困難でした。Inventor 2020の新機能では、ソリッド形状をスイープする機能が搭載されたため、エンドミル加工の結果をモデル化できるようになりました。

本ページでは、Inventor 2020を使用し、次のようなお困りごとを解決できます。

  • ソリッド形状をスイープした際の軌跡をモデル化したい。
  • エンドミル加工の結果をモデルに表現したい。

操作方法

1.直径30mm、高さ50mm、厚み1mmの円筒形状を作成します。

2.円筒形状の片側を貫通する直径5mmの円柱形状を別ソリッドとして作成します。

3.手順2で作成した円柱形状が通過するパスを作成します。
(今回の例では3Dスケッチ→らせん曲線で高さ20mm、回転数0.25のらせんカーブを描いた)

4.[スイープ]コマンドを実行します。

5.「プロファイルを選択」の右側にあるソリッドスイープボタンをクリックします。

6.「ソリッドを選択」のメッセージに変化したことを確認のうえで手順2で作成した円柱形状を選択します。

7.パスとして手順3で作図したらせん曲線を選択します。

8.「ブール演算」オプションから「切り取り」を選択します。

9.OKボタンの上にある「ソリッドを選択」で手順1で作成した円筒形状を選択します。

10.スイープのプレビュー表示が行われ、スイープ画面のOKボタンが押せるようになりますのでOKボタンをクリックします。

以上の操作で以下のようにエンドミル加工の結果と同様のモデルが作成されます。

大塚商会では、InventorのFAQを1,300件以上公開しています

大塚商会のお客様マイページ「よくあるご質問FAQ」では、日々コンタクトセンタースタッフが対応し、蓄積した情報を無料でご提供しています。

大塚商会 よくあるご質問(FAQ)

Autodesk製品のことなら大塚商会にご相談ください

大塚商会は、Autodesk製品におけるアジア地域No.1のリセラーとしての豊富なノウハウを持っています。
単なる製品導入だけではなく、業界・目的に応じた最適な製品の選定から活用までを徹底支援します。

WEBからのお問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

お電話からのお問い合わせ

CADソリューショングループ

03-3514-7974

営業時間 9:00 ~ 17:30(土日休業日を除く)

PAGE TOP