Autodesk Inventor便利テクニック塾 ~複雑な形状の内側の体積(容積)を調べる方法~

2019.11.6

  • 製造業

Autodesk Inventorにはモデル形状の体積を計算する機能がありますが、容積(内側の体積)を計算する機能は搭載されていません。そこで、今回はオフセットサーフェスを使用して計算する方法をご紹介します。

内側形状が複雑な場合は工夫が必要

シェルを使用して中が空洞にされたようなデータであれば、シェル前後の体積の比較で体積を計算可能できますが、図1のように内側形状が複雑である場合には少し工夫が必要です。

図1:サンプルデータ

操作方法

1. [厚み/オフセット] コマンドを実行します。

2. 以下の設定をしたうえでモデル形状の内側面を選択します。
距離:0mm、出力:サーフェス

3. [OK]ボタンをクリックし、オフセットサーフェスを作成します。

4. ブラウザー上で作成したオフセットサーフェスを右クリックします。

5. 表示されるメニューから[オブジェクトをエクスポート]を選択します。

6. 新規のパーツファイルを開きます。

7. スケッチを終了します。

8. [派生コンポーネント]コマンドを実行し、オフセットサーフェスを作成したデータを指定します。

9. 作成したオフセットサーフェスのみを取り込む設定に変更し、[OK]ボタンをクリックします。

ここまでの作業でオフセットサーフェスのみのデータが作成されます。

10. [境界パッチ]コマンド等を使用してサーフェスの穴をふさぎます。

11. [サーフェス ステッチ]コマンドを使用して形状をソリッド化します。

12. [iProperty]を開き体積を確認します。

大塚商会では、InventorのFAQを1,300件以上公開しています

大塚商会のお客様マイページ「よくあるご質問FAQ」では、日々コンタクトセンタースタッフが対応し、蓄積した情報を無料でご提供しています。

大塚商会 よくあるご質問(FAQ)

Inventor操作のお困りごとはCADサポートサービスをご利用ください

今回ご紹介した以外の操作方法は「大塚商会 お客様マイページ」で無料ID登録をするとご覧いただけます(AIを使ったチャットボットサービスでもお調べいただけます)。

お客様マイページ ご利用ガイド

ただし、全ての操作方法をご覧になるにはCADサポートメニューのご契約が必要です。ご興味のあるお客様は、CADサポートサービスご案内資料をご確認ください。

大塚商会CADサポートサービスのご案内

Autodesk製品のことなら大塚商会にご相談ください

大塚商会は、Autodesk製品におけるアジア地域No.1のリセラーとしての豊富なノウハウを持っています。
単なる製品導入だけではなく、業界・目的に応じた最適な製品の選定から活用までを徹底支援します。

WEBからのお問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

お電話からのお問い合わせ

CADソリューショングループ

03-3514-7974

営業時間 9:00 ~ 17:30(土日休業日を除く)

PAGE TOP