Autodesk Inventor便利テクニック塾 ~フィーチャパターンの作成~

2019.12.3

  • 製造業

Autodesk Inventor 2016以前のバージョンでは、フィーチャをパターン化できるコマンドは円形・矩形のみに限られ、複雑形状を一度にパターン化することができませんでした。

しかし、Inventor 2017以降はスケッチ点を元にパターン化できるようになりました。本ページではInventor 2017以降を使用し、次のようなお困りごとを解決できます。

  • 形状にとらわれずパターン化させたい。

モデル例

次のデータのように長穴上の溝を15mm、30mm、30mm、15mmという間隔で配置する場合を例に挙げます。

Inventor 2016以前だと15mm間隔で7個のパターン化を行い、不要な箇所を省略するという手順が必要でした。

Inventor 2017ではスケッチ点を元にフィーチャのパターン化ができるため、一つの操作で完了します。

操作方法

1.パターン化する位置にスケッチで点を配置します。

2.「3Dモデル」タブ →「パターン」パネル →「スケッチ駆動」コマンドを実行します。

3.スケッチ駆動パターン画面で以下のとおり指定します。

  • フィーチャ:パターン化する形状を表現したフィーチャ(今回の場合は押し出し)
  • スケッチ:パターン化する位置を示したスケッチ

4.「OK」ボタンでパターンを実施します。すると、スケッチで配置した点の位置にフィーチャがパターン化されます。

円形状・矩形状にてパターン化した際と同様、アセンブリ上でスケッチ駆動パターンに関連付けたパーツのパターン化も利用できます。

大塚商会では、InventorのFAQを1,300件以上公開しています

大塚商会のお客様マイページ「よくあるご質問FAQ」では、日々コンタクトセンタースタッフが対応し、蓄積した情報を無料でご提供しています。

大塚商会 よくあるご質問(FAQ)

Inventor操作のお困りごとはCADサポートサービスをご利用ください

今回ご紹介した以外の操作方法は「大塚商会 お客様マイページ」で無料ID登録をするとご覧いただけます(AIを使ったチャットボットサービスでもお調べいただけます)。

お客様マイページ ご利用ガイド

ただし、全ての操作方法をご覧になるにはCADサポートメニューのご契約が必要です。ご興味のあるお客様は、CADサポートサービスご案内資料をご確認ください。

大塚商会CADサポートサービスのご案内

Autodesk製品のことなら大塚商会にご相談ください

大塚商会は、Autodesk製品におけるアジア地域No.1のリセラーとしての豊富なノウハウを持っています。
単なる製品導入だけではなく、業界・目的に応じた最適な製品の選定から活用までを徹底支援します。

WEBからのお問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

お電話からのお問い合わせ

CADソリューショングループ

03-3514-7974

営業時間 9:00 ~ 17:30(土日休業日を除く)

PAGE TOP