オートデスクの新しいライセンス管理「ネームドユーザーモデル」とは?

2020年 5月26日

共通

2020年5月7日より、オートデスクはシリアル番号単位での管理を終了し、ユーザー単位管理の新たなプラン(ネームドユーザーモデル)を開始します。これにより今後はシングルユーザーライセンスのみのご提供となります。

ネームドユーザーモデル(ユーザー単位管理)のメリット

オートデスク ネームドユーザーモデルに移行すると次のようなメリットがあります。

  • 使用状況データを把握し、ライセンスにかかるコストを最適化。
  • 自社のライセンスサーバーを管理したり、使用者不明のシリアル番号を確認したりする必要がなくなる。
  • 自分専用のライセンスが割り当てられているので、使用するための順番待ちでダウンタイムが発生しない。
  • 使用状況レポートに基づき、社内のユーザーが必要とするサポート内容や学習コンテンツを受けられる。

移行スケジュールはどのように進みますか?

オートデスクは次のスケジュールに沿ってマルチユーザーの販売を終了させていきます。

  • 2020年2月29日:マルチユーザー3年新規/更新の販売終了(M2S含む)
  • 2020年8月 6日:マルチユーザー1年新規販売終了
  • 2021年5月 6日:保守プラン更新の販売終了
  • 2021年8月 6日:マルチユーザー1年更新の販売終了

M2Sとは

移行プログラムはどうなりますか?

移行プログラムはご契約いただいているプログラムごとに異なります。お客様のご契約内容をご確認のうえ、詳しい情報は各PDFをご覧ください。

保守プラン付きスタンドアロンをご契約中の場合

保守プランスタンドアロン版をご利用いただいているお客様は、更新時に1ライセンス:1ライセンスでStandardサブスクリプションへ移行可能です。

移行手続き・スケジュール詳細(保守プラン付きスタンドアロン版)[210KB]

サブスクリプション マルチユーザーもしくは保守プランネットワーク版をご契約中の場合

サブスクリプション マルチユーザーもしくは保守プランネットワーク版をご利用いただいているお客様は、1回目の更新時に1ライセンス:2ライセンスでStandardサブスクリプションへ移行いただけます(M2S済みも含む)。

移行手続き・スケジュール詳細(サブスクリプション マルチユーザーもしくは保守プランネットワーク版)[320KB]

保守プランなしの永久ライセンスをご使用中の場合

保守プランなしの永久ライセンスをご利用いただいているお客様は、移行プログラムの適用はありません。キャンペーンを利用してStandardサブスクリプションへの移行をお薦めします。

移行プログラムから除外される製品

次の製品のいずれかのサブスクリプションをご契約の場合は、現時点でマルチユーザーの移行プログラムの対象外となります。マルチユーザーサブスクリプションの1年契約を継続して更新を続けることができます(複数年は更新不可。2020年4月9日時点の情報)。

  • Arnold
  • Autodesk Inventor Nastran
  • Autodesk Nastran
  • CFD(Premium、Ultimate)
  • Flame Assist
  • Flame Premium
  • Flame
  • Flare
  • Helius PFA
  • HSM(Premium、Ultimate)
  • HSMWorks(Premium、Ultimate)
  • Inventor ETO
  • Inventor CAM(Premium、Ultimate)
  • Lustre
  • Moldflow Adviser(Premium、Ultimate)
  • Moldflow Insight(Standard、Premium、Ultimate)
  • Moldflow Synergy
  • Netfabb Local Simulation
  • TruComposites - Ultimate
  • VRED Render Node
  • VRED Server