オートデスクの新しい購入方法「Autodesk Flex」とは?

2021年10月28日

共通

今までオートデスクライセンスの購入方法はサブスクリプションの1種類だけでしたが、新たな購入方法としてトークンライセンス「Autodesk Flex」が追加されました。

オートデスク製品を利用した分だけお支払い

Autodesk Flexは、使用分に応じて料金を支払う従量課金制となります。

チーム用のトークンを購入し、Autodesk AccountでユーザーをFlexに割り当てます。製品使用中は、24時間ごとにトークンが消費されます。

Flexとサブスクリプションとの比較

Flexとサブスクリプションにはどのような違いがあるのでしょうか?

 Flexサブスクリプション
価格24時間単位の従量課金1年もしくは3年の期間単位
利用例必要な製品を必要なときに利用同じ製品を継続的に利用
製品割当Flexに必要なユーザーを割り当てるシート数を上限に特定のユーザーを割り当てる
使用状況確認トークンの使用状況と費用使用ユーザー数や使用頻度
購入方法7種類のパッケージからトークンを購入期間1年または3年のサブスクリプションを購入

これらの違いを知り、お客様ご自身に適したお支払い方法を選びましょう。

  • Flexは使用頻度の少ないユーザーに適している。
  • サブスクリプションは頻繁に使用するユーザーに適している。

注意

オートデスクが定めるEnterprise Business Agreementの対象となるお客様は、Flexの購入に際してオートデスクの担当営業へ直接お問い合わせください。

Flexで利用できる主な製品とトークン数

製品トークン数(24時間の消費数)
Revit10
Navisworks9
3ds Max6
Civil 3D9
InfraWorks7
ReCap Pro1
Inventor8
AutoCAD(注1)7
Vault Pro3
Fusino 3602
  • (注1)AutoCADのほか、Architecture、Electrical、Map 3D、Mechanical、MEP、Plant 3DのAutoCADファミリー製品もそれぞれ7トークンで使用できます。

トークンの価格

トークン数価格(税別)
500

180,000円

1,000

360,000円

5,000

1,755,000円

10,000

3,420,000円

  • * 大量(15,000~50,000)トークンも利用可能です。

よくある質問

トークンの利用可能期間はありますか。

購入日から1年間有効で、繰り越すことはできません。トークンが少なくなると通知が届きます。

トークンが不足した場合どうなりますか。

Flexにアクセスできず、使用できなくなります。

インターネット接続は必要ですか。

最初の接続時に必要で、その後24時間まではオフラインでも使用できます。

ユーザーがサブスクリプションとFlexと共に割り当てられている場合、どちらが優先されますか。

サブスクリプションが優先されるため、トークンは消費されません。

トークンはオートデスクアカウントで管理するのですか。

はい。ユーザーをFlexに割り当てます。

何日以内の使用で、コストメリットが生まれますか。

製品によりますが、単純計算でおよそ1カ月のうち6~9日の使用で、1年分のサブスクリプション価格に該当します。これにトークン繰越損分や追加購入分のコストが加味されます。

コストイメージ

なお、複数の製品をお使いの場合やAutodesk Docsなど、Flex対象外製品をご活用の場合は、建設系または製造系Collection製品、またはAutoCAD Including Specialized Toolsets(AutoCAD Plus)のご購入をお勧めします。

Autodesk Flexに関するご不明点は、大塚商会にお気軽にお問い合わせください。

Autodesk Flexお問い合わせ