1分で分かる データの行き来が減る「FlowDesigner 修正機能」

せっかく作成したCADやBIMデータを解析に活用してみませんか?解析ってハードルが高そうと思われるかもしれませんが、フローデザイナーなら、簡単に解析を始める機能を数多く搭載しています。

  • FlowDesigner
  • 建設業

[動画再生時間:1分2秒]

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。

この動画についてさらに詳しく知りたい!

FlowDesigner解析事例24前編:地形・街区一体での自然換気解析(BIMデータ活用術編)トピックス
今回は地形からくる風向特性を考慮したうえで、窓の配置・大きさ、部屋のレイアウトなど建物の換気性能を評価した設計を行います。前編では、Vectorworksで作成したデータをFlowDesignerにインポートし、解析用に調整するところまでをご紹介します。FlowDesignerの便利な機能に注目です!
FlowDesigner解析事例24後編:地形・街区一体での自然換気解析(シミュレーション編)トピックス
Vectorworksから出力したCADデータを用いて、建物内の風の流れを見える化し、窓の配置・大きさ、部屋のレイアウトなどの設計に役立てたいと考えています。ビル周辺は必ずしも卓越風向どおりの風が流れるとは限らないため、建物単体ではなく、周辺の建物・地形の影響を考慮したシミュレーションを行います。
FlowDesigner製品情報
直感的なインターフェイスで簡単操作!抜群の安定性と圧倒的なスピードを誇る、熱流体解析ソフトFlowDesigner。

お問い合わせはお気軽に

この動画に関するご質問はお気軽に ご意見・リクエストもぜひお聞かせください

お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

お勧めの動画

以前に見た動画ページ

PAGE TOP