• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

CIMとi-Construction

国土交通省が推進する「CIM」や「i-Construction」について、分かりやすくご説明します

国土交通省は建設業の生産性向上を目的として、ICT(情報通信技術)活用の取り組みを以前より行ってきました。平成24年度からスタートしたCIMでは試行事業を通じて段階的に検証が行われ、平成28年度からはi-Constructionとして発展しICTの活用がさらに拡大しています。

調査・計画・設計・施工・維持管理を総合してデータモデルによるデータ通信、ICT(情報通信技術)の活用

国土交通省のCIMの取り組み

CIM(Construction Information Modeling / Management)は、調査設計段階から3次元モデルを導入し、施工・維持管理の各段階での3次元モデルに連携・発展させることで、一連の建設生産システムの業務効率化や高度化を目指した取り組みです。CIMの導入においては、2次元図面から3次元モデルへの移行による業務変革やフロントローディングによって、合意形成の迅速化、業務効率化、品質向上、生産性向上などの効果が期待されます。

平成24年度から5年間で実施されたCIMの試行事業は、業務で90件、工事(指定・希望)で約200件にのぼります。これら数多くの試行事業で得られた知見をもとに、CIMモデルの作成指針(目安)や活用方法をまとめた『CIM導入ガイドライン』が公開されており、成果品作成の手引きとともにCIMモデルの納品に使用されます。

『CIM導入ガイドライン』には共通編、各分野(土工、河川、ダム、橋梁、トンネル)編があります。この中で、CIMモデルは「3次元モデル」と「属性情報」を組み合わせたものを指し、構造物や地形など図のように分類し、用途によって組み合わせてCIMモデルを作成することになっています。

CIMモデルの分類・構成

国土交通省のi-Construction

国土交通省は平成28年を生産性革命元年と位置づけ、情報化を前提とした新基準「i-Construction」の導入を表明しました。これまでのCIMや情報化施工、3D計測などの技術を統合し、i-Constructionでは「ICTの全面的な活用」がトップランナー施策の一つとして実施されます。

平成28年度は、全ての建設プロセスで3次元データとICT建機を一貫して活用するICT土工が先行して実施され、1,620件のICT土工対象工事のうち584件が実施されました。

UAVによる測量や検査、施工管理や数量算出などに3次元データを活用するための基準類の整備・改訂もなされており、平成29年度にはICT舗装工、ICT浚渫工、i-Bridgeへの取り組みも開始されます。

いま準備しておく事

国土交通省ではCIMやi-Construction対応の業務・工事の発注が増加し、3次元データの活用は急速に進んでいます。対応する3次元CADの導入や社内体制の検討など、いまできることから準備を行う必要があります。

CIM対応に向けていま準備しておく事

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP