CIMとは

国土交通省が急ピッチで進めている「CIM」について、分かりやすくご説明します。

CIMとは建設分野で広がっているBIMを土木分野にも広げ、公共事業の一連の過程で、ICTツールと3次元データモデルの導入・活用により、建設事業全体の生産性向上を図ろうとする取り組みのことです。

調査・計画・設計・施工・維持管理を総合してデータモデルによるデータ通信、ICT(情報通信技術)の活用

  • CIM : Construction Information Modeling
  • BIM : Building Information Modeling
  • ICT : Information and Communication Technology(情報通信技術)

調査設計段階から3次元モデルを導入し、施工・維持管理の各段階での3次元モデルに連携・発展させることで、一連の建設生産システムの効率化や品質向上を目指しています。

CIMが目指す効果

CIMの実用化により、以下のような効果が期待されています。

  • 情報の有効活用(設計の可視化)
  • 設計の最適化(整合性の確保)
  • 施工の効率化、高度化(情報化施工)
  • 維持管理の効率化、高度化

設計の可視化

CIMでは3次元モデルの作成・活用が行われます。2次元図面と違い、3次元モデルはその内容をだれにでもわかりやすく表現できることが特徴です。計画・設計段階において、3次元の構造物モデルを作成・可視化することで、比較検討が容易になり設計ミスが削減できるほか、景観や環境のシミュレーションにより関係者間での迅速な合意形成につながります。

ビジュアルな3次元モデルでの景観検討

ビジュアルな3次元モデルでの景観検討

線形と縦断が連動、検討の効率化・ミスの減少

線形と縦断が連動、検討の効率化・ミスの減少

整合性の確保・情報化施工

施工段階では、設計モデルを利用し精密な施工モデルを作成します。3次元の配筋モデルによる干渉チェック、時間軸を加えた施工手順や安全確保検討の効率化、情報化施工用3Dデータの組み込みによる作業の効率化が図れます。

鉄筋の干渉チェック

鉄筋の干渉チェック

施工プロセスの視覚化

施工プロセスの視覚化

CIMで作成する3次元モデルとは

CIMモデルの概念は、調査・設計から、施工・維持管理に至る建設ライフサイクルの各段階で、3次元モデルデータを追加、充実化していくことです。

CIMモデル イメージ

3次元モデル作成の流れ

段階 作成、追加するデータ 効果
計画・設計 地形、構造物モデル
詳細設計(属性含む)
※ 施工段階で作成する方が効率的なものは概略とする
設計内容の合意形成
設計ミス削減
数量集計
構造計算、解析
施工 起工測量結果
詳細モデル化
(詳細配筋、現地取り付け、仮設計画)
工程データ
手戻りの削減
現場管理の効率化
施工計画の最適化
安全の向上
設計変更の効率化
情報化施工への活用
維持管理 点検・補修履歴
現地センサとの連動
施設管理の効率化・高度化

求められるCIM対応

国土交通省の取り組み

国土交通省のまとめたロードマップ案では、2016年度までにCIMの実用化を進めるとされています。
2012年4月に国土交通省がCIM構想を発信して以来、CIM試行業務の発注、モデル事業を通じたCIM導入の効果や技術的課題の検討など、これまでにない早さでCIMの推進を図っています。

H24年 上半期 CIMの具体的イメージの検討、明確化
H24年 下半期 CIMのモデル試行業務(11件)の実施
  • 先導モデル(2件):属性情報、維持管理ツールなどを可能な範囲で付与、活用したモデル
  • 一般モデル(9件):効率化とCIMの普及を目指したモデル
実用化に向けた技術開発項目や基準等の検討、見直し
H25年 CIMモデル試行工事の発注
調査、計画業務など上流側への試行拡大
CIMの構築、納品レベルの検討
技術開発項目や基準等の継続検討、とりまとめ
H26年~H27年 試行工事の結果を反映させ、CIMの一般化に向け基準作成

いま準備しておく事

現在は、国土交通省が発注する業務・工事において、CIMモデルの作成・活用が想定されていますが、近い将来、地方自治体の案件にも拡大されていくはずです。

これまでの土木構造物の設計・施工は2次元図面をベースに行われてきましたが、CIMでは2次元図面に加えて3次元モデルの作成が必要です。CIMへの対応を見据えて、CIM対応の3次元CADの導入や社内体制の検討など、今できることから準備を行う必要があります。

CIM対応に向けていま準備しておく事

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございました

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

資料請求・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

PAGE TOP